June 02, 2010

この度義父が〇綬褒章をいただきました。

その為どこから聞きつけたのか沢山の方々から

お祝いの品や祝電が会社や主人の実家に届きました。

下さる方々は会社の会長さんや社長さん、銀行の頭取だったりと

名立たる方々ばかり。

その為にすぐにお礼状を出さなくてはいけませんでした。

祝電などが届き始めた時は会社としては

給料日前の為大変忙しく、とてもではありませんが

普段宛名書きをしてくださっている事務の方々には

宛名書きなど書く暇がありませんでした。

その為主人に頼まれて私が本社に行って

宛名書きを書くことになりました。

幸い小学生の頃から就職するまでずっと書道をやっていたので

助かりました。

書いても書いても次から次へと実家や本社、営業所に

多くの贈り物が届きます。

そんな中先方の正式な役職や住所などが

確認したら違っていたとその日の午前中に書き上げたものが

全てなかったことになったりもしました(涙)

とにかく肩がこって大変・・・

ホントにどこから聞きつけたのか

恐らくある人のまた聞きのまた聞きという人もかなりいたと思います。

祝電の他には高級ワインが30本以上届いたり

胡蝶蘭なんて10個は届いたでしょうか

実家が胡蝶蘭だらけになっていました。

しかも面白いくらいみな、白の胡蝶蘭で

最後にたった1個だけ白に紫の斑点のついた胡蝶蘭が届きました。

お祝い事には白と決まっているのでしょうか?

この〇綬褒章は権威のあるものですが

戴いたら戴いたで大変のようです。

祝賀会を開きご祝儀を持ってくる知人友人はともかく

お国の官僚さんも招待しなくてはいけないのですが

ご祝儀は官僚さんからは一切出ないとのことなので

完全招待だそうです。

結婚披露宴だったらご祝儀がありますが

それがない為戴いたら戴いたで大変。

お金の話でいやしいかもしれませんが

いち専業主婦には目の回る話です。

しかも祝賀会は開かないといけないものだそうです。

とは言っても戴いたのは私ではないので

半分他人事のような感じでしたが

その祝賀会私ももちろん『出席よ!』と義母に言われました。

義父が贔屓にしている2つのホテルからは

その祝賀会をどうにか自分達のホテルでやってもらおうと

猛烈アピールが起こっています。

宛名書きを手伝ったと言っても

私的には身内のお祝い事なのでもちろん無償でやっていたのですが

義父が私に日当をあげてくれと主人に言ったそうです。

主人は私にその話をする前にその場ですぐに

断ってくれたのですが義父は申し訳ないと思っていたようです。

身内の宛名書きを今まで何度もやってきましたが

そんなこと言われたのは初めてで

これが実の家族か他人かの違いなのでしょうか。

2日で全て書き上げましたが

その2日目に義父から思わぬ言葉が!!

『(宛名書きを)プリンターで印刷じゃいけないのかなぁ

いんじゃないか?』と・・・

本社にいた事務の方も私も固まりました。

そうして下さるのならどんなに楽か・・・

でも2日目も終わる頃にそれをいいますか?

筆で書いた方が心もこもっているからと

筆で書くように指示をしたのは誰でもなく義父なのに・・・∑( ̄ロ ̄|||)

恐らく義父なりに私に気を遣ったつもりなのですが

事務の方々はここまで書かせて何を言い出すのかと

逆に私に気を遣って

『〇〇ちゃんがこんなに綺麗に書いてくれたし

こちらの方が素敵でいいですよ』

とひきつりつつフォローを入れてくれました(笑)

結局後日実家で義父が気持ちが納まらなかったのか

2日分の日当と言ってお金をくれました。

私も断ったのですが即座に義母が

『(もらえるものは)もらっておきなさい!!』と

嫁への猛烈サポートが入りました。

落ち着いた9月頃に祝賀会のようです。


↓まずは身内でお祝いをしました
カタツムリ



lbj_lbj at 19:29コメント(1)トラックバック(0) 
Ordinary days | Relative
まる1ヶ月blog更新が抜けてしまいました。

引越してからバタバタして大変でした。

また更新を始めていこうと思います。

宜しくです( ̄∇ ̄)/

lbj_lbj at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 
Ordinary days 

April 24, 2010

今月水菜の苗を買いました。

届いた日の午後から雨が降り始めてしまい

その他に沢山の苗を買ったので成長が心配でした。

雨だけならまだしも気温が低いせいで成長はいまいちです。

スーパーや八百屋で売られているような立派な背丈には

程遠いですが少しずつ成長して

まだそんなに経っていないのに既に花が咲きました。

        水菜の花

水菜はアブラナ菜科なので菜の花のように

食べることができるそうです。

花が咲くと固くなってしまうようですが

まだ今のところは大丈夫。

とりあえず花の咲いた水菜と蕾のあるものを全て収穫して

夕食にからし和えにしていただきました。

菜の花よりも癖がなくて美味しかったです。

去年は春まきだった為アブラムシが大量発生しましたが

今年は同じ春まきでも気温が著しく低いせいか

被害はありません。

スーパーで買った水菜があと1回分位しかないので

その後はこの水菜をいただこうと思います。


↓油断大敵!!アブラムシ対策を考えなければ!!
熊豚花見


lbj_lbj at 02:58コメント(1)トラックバック(0) 
Ordinary days 

April 21, 2010

本日の暗がりの向こうにの続編です。

今日はとても天気が良かったので洗濯をしました。

日常のもの以外にもシーツやタオルケットなんかも洗ったりして。

日常の洗濯物を干す時に最近閉まっていた隣宅の窓が

開いていました。

仕方のないことですが顔を上げると目線の先に隣宅のお母様が

見えました。

普通に干し、第2段のシーツとタオルケットを干していると

私がベランダにいることに気が付いたお母様は

窓を『バタン』と閉めました。

何もそんなあからさまに嫌がることないのにと

思わずにはいられません。

あまりにも強く閉めたのできちんと閉まらず

2センチほど窓が開いていました。

跳ね返ったというやつです。

洗濯物を干すだけでそんなに嫌がられる私って(≧□≦)


↓めげるか!めげるもんですか!
つくし豚

lbj_lbj at 19:20コメント(0)トラックバック(0) 
Ordinary days | MyHome
忍び寄る黒い影の続編です。

掃除機をかけていて隣人のお母さんに凝視されてしまった

あの事件(?)から数日後のことです。

そもそも家を建てる段階から“ベランダに洗濯物を干すな”発言を

してきた隣人ですが、普通に生活していてそんな訳もいかず

もちろんベランダに洗濯物を干すことにしました。

引越してすぐの頃は花粉を警戒して外に干していなかったのですが

今年は花粉症の症状がとっても軽く

『あぁ~私は何で花粉症なんだぁ~』と感じることがありませんでした。

その為掃除機事件のちょっと前から洗濯物を干し始めました。

その前から引越に使った毛布等は干してはいましたが

日常のものを干すことはなかったのです。

掃除機の時にあれだけ窓から眼光鋭く見られたので

この日の私はちょっと警戒していました。

干しながら隣人宅の窓を傍から見て『見てます』とならない様に

目線をいろんなところに飛ばしながら

鼻歌でも歌うように(歌ってませんが)干していました。

『掃除機の時は怖かったなぁ・・・そこいらでまた見られていたら

どうしよう・・・』なんて考えながら見た目ご機嫌(?)な感じで

干しているとその直後背筋が凍りました。

トイレの窓らしき所からこちらを見ている人影が!!

外開きで下から上に開くその窓は下が15センチ程開いていて

横は5センチ程の隙間がありました。

窓に顔をよせずに一歩後ろに下がり

ばれないような感じで中腰でこちらの様子をうかがっている

その顔が見えました。

時間は午前10時頃の為、隣人宅から私はよく見え

私からは相手の顔が暗くて見えにくい状態。

それでも瞬間的にその暗がりの中にこちらを睨みつける

顔が表情までしっかり見えてしまったのです。

怖い!怖すぎます。

洗濯物を干すだけでこんなにドキドキしている人が

日本中にいるでしょうか!!

私は感情を表に出さないことが特技(?)でもあるので

背筋が凍った瞬間も何事もなかったかのように

目線をずらし決して相手と目が合うということはありませんでしたが

それにしても私が何をしたというのでしょう!!

またまた仕事中にも関らず思わず主人にメールをしてしまいました。

翌日主人が仕事の携帯を自宅に忘れ

会社でパートとして働いている義妹が出勤途中に取りに来て

くれました。

義妹にその話をすると娘さんは感じが良かったのなら

今度あったら思い切り下手にでて

『お母様が窓からこちらをずっと見ていらしのですが

何か気に障るようなことやってしまったのでしょうか?』とか

ずばり『お母様お加減悪いんですか?ずっとこちらを見ていらしたので

うるさくしてしまったのかなぁと思って』などと切り出してみてはどうかと

言われました。

ただもともと理不尽な言い分を言われてきた私にとっては

『私は神経質なんです』というのが理由なんだろうと思い

聞くまでもない気もしました。

ただ神経質なだけでこんな態度には出ないと思い考えていると

なんだか分かりました。

隣のお母様の年齢からみて恐らく更年期障害なのだと思いました。

その更年期からくる鬱で苦しんでいる人は沢山いますが

まさにそれではないかと!

あっているかどうか分かりませんがそう思うことで

私もなんだか気分が楽になりました。

同じ女として将来自分もなるかもしれませんが

他人には不快な思いをさせない様にしようと

今回の経験から思います。

この事件(?)を義母に話すと義母も私と同じことを思ったようです。

『とにかく他人のすることが気になって気になって仕方がなくなって

しまうことがあるみたいなのよ』と義母にも言われました。

もう1つうちの家が気になって仕方ないのだとも言われました。

それは隣人のおじいさんが言っていたことなのですが

同じ注文住宅なのに建つまでの日数が違いすぎる。

隣人宅の時の基礎にかける時間や柱の数など我が家と

全然違い我が家の方が丁寧にやっているのがよくわかると

おじいさんは言っていたそうです。

その後隣人宅を立てた住宅メーカーは倒産してしまい

外構はやってもらえなかったので他の会社に頼んだそうです。

『やっぱり地元の工務店に頼めばよかった』というのが

おじいさんの意見。

自分の家と我が家を比べてはため息をつく状態なのだそうです。

お母様の物陰からこちらを凝視するのはちょっとこれとは

違う気もしますが・・・

でも正直暗がりからこちらを見るのはドキッとするのでやめてほしい。

けれどずっとではないと思うので仕方ないことだと思うことにしました。

その後は何も気にせずガーデニングや洗濯干しをしています。


↓家の前 履いても履いても 桜散る
熊豚花見2


lbj_lbj at 08:23コメント(0)トラックバック(0) 
Ordinary days | MyHome

April 20, 2010

先日の謎のおじさんの続編です。

その日のまた午前9時頃でした。

リビングでお茶をしているとインターホンが鳴りました。

インターホンのカメラを確認するとそこには

引越してきてから9時頃によく軽自動車で来る謎のおじさんが!!

やっとインターホンに出ることができ

謎のおじさんが謎ではなくなりました。

正体はクリーニング屋のおじさん。

頼まなくても毎週来るんですね。

おじさんには『うちは結構です』と言ったものの

『また来週きます』と言われてしまいました。

い、いや結構なんですけど・・・

主人のスーツはマンションに住んでいる頃は

義母にお願いしていました。

引越してからは自分たちで出すことにしたのですが

地元で昔からあるクリーニング屋さんで

いい仕事をしてくださるので義母も愛用していました。

そのクリーニング屋さんは引越した私達の家にも

来てくれることになっているので

謎改めクリーニング屋のおじさんには悪いのですが

決まったクリーニング店があるのです。

今度はきちんと真意が伝わるように

謎クリおじさんに伝えないといけないと思います。


↓クリーニング屋のおじさんの風貌ってどこも一緒?似てる!
ライオン猫花見


lbj_lbj at 15:46コメント(0)トラックバック(0) 
Ordinary days 

April 10, 2010

引越して1ヶ月が過ぎました。

マイホームを建てるうえで隣人宅からの理不尽な言い分を言われ

紆余曲折を経て建ったマイホーム。

引越して早々掃除当番がまわってきて当番ノートを

その問題の隣人に届けた時

おばあさんが出てきてあの理不尽な言い分を言った人達とは

思えないほどにこやかに対応してくれた。

おばあさんは『引越して早々当番まわってきたんですか?

飛ばしてくれればいいにねぇ』と言ってくれた。

1週間ほど前にはガーデニング作業をしていると

自宅に車で戻ってきた娘が満面の笑顔で『こんにちは!』と挨拶。

あらっ、いい感じじゃないと思っていた。

引越の前日にエアコンを付けにきてくれた電器屋さんと

室外機の場所を確認していると自転車で出かけようとする

お母さんを見かけて『こんにちは』と声をかけるも

会釈だけしてニコリともせず出かけて行ったので

気難しいのはお母さんだけなのだと思う。

おじいさんは昔の人という感じで言い分を言ってダメなら仕方ない。

それなら仲良く平和に暮らしたいと言っただけのことはあり

その後普通に接してくれる。

お母さん以外は皆何事もなかったように。

お母さんは神経質だと聞いてはいたが

慣れれば平気なのではないかと思っていたのだけど…

事件(?)はおきた。

先日掃除をしていた時のこと。

家中に掃除機をかけて最後に寝室に掃除機をかけた。

皆さんはどうだか知りませんが

私は掃除機をかける時なるべく窓を開けるようにしている。

今年は花粉症の症状がほとんどなく

窓を開けて安心して掃除ができる。

今の掃除機には排気を綺麗にしてくれる掃除機がある。

我が家の掃除機もそうなのだけど

マンションがオールカーペットだったこともあり

そんな掃除機の排気も最近臭くなり始めた。

だから尚更窓を開けて掃除機をかけた。

掃除が終わり窓を閉め顔を上にあげると

隣人宅の階段らしき場所の窓から隣人のお母さんが

こちらを凝視していた。

すっごい怖かった。

目があったわけではないので気付かないふりをして

レースカーテンをシャッと閉めた後の私の鼓動は速かった。

ただ掃除機かけただけなのに・・・

遅い時間にかけたわけでもなく

時刻は午前11時になろうとしていた。

私は思わず主人にメールを送ってしまった。

『窓閉めて顔あげたら窓から偽高畑敦子がこっちを見てた!!!』と。

いつかとち狂って放火でもされるのではないかと

本気で思ってしまった。

この日は洗濯物をベランダに干していた。

この当たり前のことをしないでくれと言ってきた隣人。

でもそれを嫌がった理由がなんとなく分かった。

隣人宅のキッチンが2階でこのベランダに面している。

先日ベランダにいると窓に向かって窓を開け料理をしている

お母さんがいた。

神経質なこのお母さんはその状況が嫌なのだと思った。

でも私から言わせればそんなのお互い様で

もし目があったら挨拶するのが大人というものだと思う。

それなのに自分が神経質いう理由でこちらに

洗濯物を干すなと言ってくること自体おかしい。

お母さんはアレルギーがあり

部屋の空気の入れ替えの為、北側の窓という窓を全て開けている。

だから尚更我が家と顔を合わせる機会が増えるのだろう。

でもそれも隣人宅の都合でものを言っているだけで

こちらには関係のないことだと思わずにはいられない。

↓清々しい春に黒い影が迫ってくる
桜


lbj_lbj at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 
Ordinary days | MyHome
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: