June 20, 2005

アメリカGP

ミシュランは初日のラルフ・シューマッハとリカルド・ゾンタの事故直後から2件のタイヤトラブルに関する検証を行なっていたけど、結局原因究明はできなかった。
再びタイヤトラブルが起きないとは保証ができないことから、公式予選終了後から、チーム首脳とFIAの間で、日曜日の決勝直前まで話し合いがもたれた。
結局、従来通りのレギュレーションを遵守する形でフォーメーションラップのスタートを迎えることとなった。

eabf9269.jpg

なんとか全車グリッドに着き、現地時間午後1時フォーメーションラップが始まる。
しかし、すぐさまミシュラン勢の各チームはドライバーに対し、ピットインを指示。
マクラーレン・メルセデス、ルノー、BMWウィリアムズ、B・A・R Honda、トヨタ、ザウバーとすべてのミシュラン・ユーザーがピットインし、レースをリタイアした。
ドライバーの安全を最優先とした決断だったとはいえ、なんだかとても異様な光景だった。
 
この結果、ブリヂストン・ユーザーであるフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台で決勝が行なわれるという異常事態の中、スタートが切られることになった。
もはやレースどころではないので結果を!
M.シューマッハが逃げ切り、今季初優勝を飾った。汗
 
M.シューマッハと2位のR.バリチェロの表情に笑顔はなかった。そりゃそうだ!落ち込み

8ad8ac19.jpg

表情の険しいフェラーリの2人に対し、終始笑顔だったのが、グランプリ初表彰台となったT.モンティロ。

c251eb1d.jpg

本人の胸中も複雑だったとは思うけど、とれるところでキッチリとるも大切なことなんだろう。

4位にはジョーダンのナレイン・カーティケヤンが入り、5位、6位とミナルディの2台も完走。
ジョーダン、ミナルディはともに今季初ポイントを獲得した。

このレースのせいでコンストラクターズポイントは一気に詰まった。
気がつけば、フェラーリが2位マクラーレンと同点じゃない!困った
優勝の喜びを知っているミハエルがこんな形で今期初優勝を飾ったことがなんだか気の毒…ダメ

現地に観戦にいっていた人たちは気の毒だけど、私自身見にいってなくてよかった。汗

at 03:03コメント(0)トラックバック(0) 
Formula One 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: