March 21, 2006

気になる・・・

今日、お墓参りに行ってきました。
家族揃って行くのがcoropy家の慣わしのようになっています。
その帰りに姉と『全日本医家管弦楽団 定期演奏会』を観て参りました笑い
指揮は森口真司さん、ヴァイオリンは大谷康子さんで、楽団自体は医家というだけあって、皆病院関係の人達からなる楽団でした。

coropyは何故かいつも演奏よりも指揮者が一番気になります。
特に指揮者のあの動きが!!
右行ったり左行ったり、腰を低くしてみたりと見ていて飽きることはありません。

でも今回、coropyの一番目を惹いたのは、コンサートマスターの後ろでバイオリンを演奏している一人の男性の脚の動き音符
coropyの姉も指揮者が気になると休憩時間に言っていたけれど、その男性の脚の動きがなんともおもしろいと伝えると、後半の演奏はずーっとその人の脚に注目譜面
リズミカルに演奏しているそんな時、右足が12時のところから時計回りに6時のところまで弧を描きながら動く。
興奮したその人は身体を動かしならがら演奏して、そしてまたここだというところで脚が動く!
もはや演奏を聴くどころではありませんでした汗

ヴァイオリンソロの大谷康子さんも演奏途中に、自分のソロがくるまでの間、両手を完全にヴァイオリンからはずして、無意識だとは思いますがあごのみでヴァイオリンを挟み、そのまま静止すること数分!
ヴァイオリンを弾いたことがないので分かりませんが、素人目から見ると、それがもの凄い妙技に見えてくるんですキラキラ

そして最後の演奏が終わったとき、例のヴァイオリンの男性は、他の誰もやってはいないのに、これもまた無意識なのか、足でバタバタと聴衆が拍手をする中、足で拍手(?)をしていました。

オーケストラって毎回思うのが、最後指揮者とソロで演奏した人が舞台の袖に下がると、5秒もしないうちにまた現れて、そしてまた下がり、そしてまた現れるを、かなりの回数繰り返す。
これはミュージカルで言うところのカーテンコールなのかもしれないけど、なんかその動きが妙に気になる。

オーケストラの演奏を聴きに行った割に、全然関係のないことばかり語っておりますが、演奏ももちろん素晴らしいものでした。
でもやっぱり収穫は、2つの妙技を見て帰って来れたことかなぁ・・・笑い

人気blogランキング
BS blog Ranking

at 23:23コメント(1)トラックバック(0) 
music&book 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by BlogPetのまめぞう   April 05, 2006 10:51
まめぞうがここで全日本っぽい演奏した。
ここに管弦楽に演奏する?
きょうcoropyで、指揮♪
coropyと人っぽい演奏したの?
ここまでcoropyで慣わしっぽい関係したかったみたい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: