July 07, 2006

『CASANOVA』

『CASANOVA ?カサノバ?』を観て参りました笑い

2982bbeb.jpg


ストーリー…
18世紀、ヴェネチア。
ある男が修道女との情事との末、教会の役人たちに追われている。
彼の名はジャコモ・カサノバ。
娼婦から淑女まで、落とせない女性はいないと評判のプレイボーイだ。
逃げ込んだ大学の講堂で、彼は女性解放を解く演説を目にする。
実は、論客はフランチェスかという男装をした美しい女性だった。
結局、カサノバは逮捕されるも、総督の取り計らいによって放免になるが、後ろ盾を得るため、良家の子女との結婚が必要となり…。

不徳と享楽に満たされた街ヴェネツィアで、無数の婦女と浮き名を流す一人の男、ジャコモ・カサノバ。
修練女との密会現場に踏み込まれ、審問官に捕まった彼は、姦通の罪によりいちどは死刑を言い渡されるが、友誼のあるヴェネツィア総督の計らいにより辛うじて放免となる。
ところがカサノバ家の財政は火の車。
数日後にある謝肉祭までに裕福なの子女と結婚することを命じる。
婚約をした相手はヴィクトリア。
彼女に恋焦がれ、いつも窓から彼女の姿を見ていたジョバンニは、名前を偽った状態のカサノバに決闘を申し込み、そしてカサノバはその申し出を受けてしまう。

8a5be55f.jpg


明くる日、カサノバは剣をとるが、思いの外手ごわい相手。
仮面をしたその相手は実はジョバンニではなく、彼の姉のフランチェスカだった。
実はジョバンニくん、とっても弱い腰抜けくんだったんですね!
フランチェスカは男に変装して大学教授を論破するかと思えば、剣で男と対等に張り合い、そしてカサノバという男に敵意を剥き出しにする。

?私は生涯、ただ一人の男性だけを愛する?


ad92656b.jpg


そんな彼女にカサノバは魅せられた。
ところがカサノバを気嫌いする彼女。
そんな彼女には会った事がないながらも、婚約者ギリシャのラード商人パプリッツィオがいる。
カサノバは未だにフランチェスカもその家族も、決闘の相手が“カサノバ”であったことを知らないことを利用して、パプリッツィオになりすまし、フランチェスカに接近する。
同じ頃、ヴァチカンはそれまでの審問官を左遷し、新たにプッチ司教をを送りこむ。風紀の是正を謳っていたが、プッチ司教最大の狙いはカサノバの逮捕にある。

965a7855.jpg


でもそんなに話はうまく進まず、フランチェスカには正体がばれてしまうし、プッチ司教には捕まるしで散々。
異端書の作者としても起訴されるんだけど、その場でフランチェスカがそれは自分だと白状しちゃうし。
で、二人とも仲良く捕まって、くだされたのは死刑。
二人の死刑執行の日、それを見に来ていた枢機卿が『今日は法皇の誕生日だから恩赦を与える』なんていいだして・・・
その枢機卿の奥方、それが何を隠そうカサノバの母君。
でもすぐに本物の枢機卿が現れて、偽者だとばれてしまう。
枢機卿役をしていたのは、母君のダーリン。
こうなったらと、みんなで逃亡。
気がつけば、本物の富豪・パプリッツィオとフランチェスカの母が出来ちゃうし・・・
お堅い家のヴィクトリア嬢とフランチェスカの弟はヴェネチアに残って、二代目カサノバとして生きていくらしい。
『これは私の話ではない』なんて言いつつ、弟くんはカサノバの話を綴っていくのでした。

ん?、なんか観ててちょっと疲れた感が残ったよ困った
愛に生きるって、なんて体力を使うのかしら・・・
ある意味、プレイボーイって凄いよね汗

人気blogランキング
BS blog Ranking

at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 
movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: