August 01, 2009

『WHITE OUT』

アマルフィの番宣でやっていたWHITE OUT?ホワイトアウト?をTVで観ました笑い

c3d2c439.jpg


結婚前は週に2本は映画を観ていたけれど、このホワイトアウトは観たことがありませんでした。
確か当時かなりの大ヒットだったように記憶しています。
それまでの日本の映画にないようなスケールだったように記憶しています。

ストーリー…
日本最大の貯水量を誇り、150万キロワットの電力を発電する新潟県奥遠和ダム。
12月のある日、ダムの運転員・富樫輝男は、遭難者救助の為に猛吹雪の中を出発するが、ホワイトアウトに見舞われ、親友で同僚の吉岡和志を亡くしてしまう。
それから2カ月後、吉岡のフィアンセ・平川千晶が奥遠和ダムを訪れた。
ところが、千晶がダムに到着したまさにその時、ダムと発電所がテロリストに占拠される。
犯人グループは、ダムの職員と千晶を人質に取って50億円を政府に要求。
拒否すれば人質を殺し、ダムを爆発すると通告してきた。
ダムが決壊すれば、下流域の住民20万世帯は一瞬のうちに洪水に飲まれてしまう。
期限は24時間、ダムに通じる唯一のルートは犯人グループが爆破しており、悪天候で警察は成す術もない。
そんな中、偶然逃げおおせた富樫は、仲間と住民を救うことを決意。
犯人グループの攻撃をくぐり抜けダムの放水を防ぐと、外部との連絡を取る為、たったひとりで8キロ先の大白ダムへと向かう。
富樫の連絡によって、犯人グループが宇津木を中心とした過激派・赤い月であることが判明した。
しかし、未だ対策本部がダムへ乗り込むことは叶わない。
そこで、富樫は人質を救出する為、再び奥遠和ダムへ戻る。
その頃、ダムの方でも動きがあった。
犯人グループの中に、かつてテロで家族を殺された笠原という男が潜入していたのだ。
このことから、大きく崩れ始める宇津木の計画。
やがて、それは富樫の活躍によって完全に阻止され、千晶も無事救出される。

アクションは何となく『ダイハード』に似ているけれど、映画そのものはそんなに悪くはないような気がします。
何と言っても吹雪の雪山での撮影それだけで凄い。

富樫輝男と吉岡和志との友情。
その亡き吉岡との約束を果して吉岡のフィアンセ・平川千晶と生還してきたシーンは感動的でした悲しい
最後の警察署長の言葉が、フィアンセの死の悲しみから千晶を救い、富樫への疑念も消えたのでしょう。

でも織田裕二と石黒賢と言えば『振り返れば奴がいる』のイメージがかなり強くて、映画を観ている最中に頭に浮かんでしまったのが残念でした汗

24ec6a2f.gif


at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 
movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: