August 02, 2009

『アマルフィ 女神の報酬』

『アマルフィ 女神の報酬』を観ました笑い
(注:ネタばれあり)

87348d62.jpg


ストーリー…
クリスマス目前のローマ。
G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作が赴任する。
秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは日本人少女失踪事件の通訳。
しかし犯人から少女の母・紗江子の元にかかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまったことから、紗江子の“偽りの夫”として事件に深く関与することに。
誘拐犯との身代金取引が違法の国で、黒田と紗江子はあえて犯人に指定された取引に応じるが…。

3bd60b0f.jpg


このアマルフィは題名を聞いた時から観たいと思っていました。
とても単純ですが新婚旅行がイタリアでこのアマルフィにも行ったからです。
映画自体はほとんどがローマのシーンでしたが、アマルフィの美しい景色が映っていたので満足です。

しかもアマルフィにある教会には私も行きましたが、その階段下にあるピザ屋で食べたアンチョビのピザは美味しかったラブ

話を映画に戻すと、悪くはありませんが話が若干浅く途中で犯人が分かってしまうので、それはやはりハリウッド映画の方が上だなと思います。

ホワイトアウトの織田裕二と石黒賢のように、途中で『振り返れば奴がいる』を思い出してしまうこともなく、『BOSS』で共演していた天海祐希と戸田恵梨香を見ることができました。
織田裕二と佐藤浩市もホワイトアウトで共演していました。

何よりサラ・ブライトマンの歌声を聴きながら映画を楽しむことができたのは大満足。

娘を助けるため翻弄するが思うように助けることができずに、不安に押しつぶされそうになった紗江子を抱きとめる黒田とのバルコニーのシーンは涙を誘いました。

作品としてはまあまあ。
イタリアの風景を楽しみながら映画を観られることを考えると私としては満足できる作品でした。

9de17933.gif


at 23:40コメント(0)トラックバック(1) 
movie 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『アマルフィ 女神の報酬』  [ 京の昼寝?♪ ]   September 18, 2009 12:06
□作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐野史郎、、サラ・ブライトマン、福山雅治、中井貴一(声) ■鑑賞日...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: