November 04, 2009

いらないものは嫁にやれ

古いものは嫁にやる(?)

わざとなのか否か。

昨日の残り物?酸辣湯の続きです。

主人が腹痛を訴えたこともあり、兄嫁に今回のことを報告。

するとやっぱり我が家だけではなかった。

餃子は兄嫁も貰ったらしいのだけど、

あまりのまずさに子供も食べず減らなかったようだ。

賞味期限切れはよくあること。

こうなったら食品は全ていらないと断るか…

出来たらいいのに…

昔の人だからなのか、あまり賞味期限を気にしないのだと思う。

戴くオリーブオイルも平気で2年落ちだと兄嫁。

私も半年過ぎたオリーブオイルを6本も貰って

それから1年経過。

まだあと4本もある。

物によってはそれくらい過ぎていても気にしないで使えるものもある。

ただ肉や魚は怖い。

昨日主人のお土産を義母に届けに行ったのだけど…

もちろん主人が腹痛を起こしたことなど私から言うことはなかったけど

たまたま賞味期限の話になった。

私は主人が結婚式から帰ってくる前にスーパーで買い物を

しなくては行けない。

最近義母からいただいたカボチャやジャガイモを使うのに

オーブン料理でも作ろうかと牛乳も買わないといけないという話をした。

すると『先日牛乳買ったからあげようか』と言われた。

なんか嫌な予感。

義母は冷蔵庫のまだ開けていない牛乳を見て

『でも明日までの賞味期限だけど』と言った。

さすがに2人しかおらず主人は料理に牛乳を使うのはいいけど

普通に牛乳を飲むのはあまり好きではない。

その為明日までの賞味期限では厳しい。

飲みきれずに終わるから自分で買うことを言うと

義母は『私なら賞味期限過ぎても平気で使うけど…』と言った。

もちろん私だって賞味期限が切れても使うものもある。

でもヨーグルトじゃあるまいし、牛乳は辛い。

主人は1日過ぎても乳製品は嫌がる。

私は1日くらいならそのままでは飲まないけど

温めて飲むことはある。

でもそれは自分自身が飲むのであって

決して人には出さない。

牛乳同様卵もそうだ。

賞味期限を過ぎても全く平気な義母だから

平気で人に賞味期限切れの餃子や魚の粕漬けをくれるのだろう。

ただ気になるのが兄嫁のこの言葉。

義母は義妹(義母の娘)には賞味期限切れは絶対に渡さないのだとか。

果たして義母の賞味期限切れはわざとなのか否かが分からない。

そもそも義母は物を買いすぎるところがある。

今回の牛乳もそうだ。

普段瓶の配達の牛乳を頼んでいるのに今回のようにスーパーの牛乳も買う。

そして賞味期限が1日に迫っても開封すらしていない。

いっぱい買って食べきれないくせに魚の粕漬けを買う。

そして賞味期限切れが嫁に流れてくる。

コーヒー好きな義母は味にうるさい。

少しでも自分好みでない味だと大量に購入したくせに飲まないで

また次のを買う。

すると在庫を抱える。

基本義母も義父から生活費を貰っていて自分では財布を握っていない。

コーヒーなどは義父に買ってもらっているようだ。

義父に飲みもしないのに次々と買っては怒られている。

海外旅行に行くとブランドの財布を色違いで8種類も買っては

2ヵ月毎に色を替える。

そして義父に怒られる。

なんだかんだ義父も甘いので買ってあげてしまうのだ。

ただ義父はまさか賞味期限切れが嫁に行っているとはもちろん知らない。

娘以外の息子だって自分の子供だ。

賞味期限切れを嫁に渡せばそれが息子の口に入ると分からないのだろうか。


↓息子が腹痛を起こせば確認不足の嫁のせい?だったりして困った
4736298b.gif


at 21:39コメント(0)トラックバック(0) 
Ordinary days | Relative

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: