trip&entertainment

June 19, 2010

*パソコンの調子が悪くて久しぶりに更新です。更新日と日付違います(汗)

先日突然主人から『今週末1泊で温泉行くよ』と言われました。

今日は土曜日で主人は仕事ですが

行き先が箱根で午後出発でぜんぜん間に合うので

仕事を早めに切り上げて行くことになりました。

いつものことですが宿は行ってからのお楽しみ。

そもそも何故突然旅行かというと

日々の仕事で疲れている主人はとにかく

リフレッシュしたかったようです。

今回の旅行は身内には内緒です。

人によっては休みの日ぐらいは家でのんびりいう人もいますが

主人は休みの日はとにかく出かけたいという人。

それが主人なりのリフレッシュの仕方なのです。

私からすると棚ぼた旅行という感じでとっても得した気分。

場所は箱根湯本のあうら橘

風の舘と森の舘という2つの建物からなっていて

宿泊したのは新館らしき風の舘のデラックスツインルームでした。

ベッドルームとリビングにアウターリビングがついていて

露天風呂付きのお部屋でした。

ここは高層階にあるお部屋の為にお子様の宿泊はできない

そうです。

まだ子供のいない私達夫婦だからこそ宿泊できた部屋でした。

ダイニングのウェイトレスさんは案内の最中何度も何度も

噛んでしまって本人その都度大笑いの為

私達もつられて笑ってしまいかなり楽しい食事となりました。

食事の後はサッカーワールドカップの対オランダ戦を観戦。

負けてしまいましたが贅沢なサッカー観戦となりました。

↓また突然のリフレッシュ旅行ないかしら…
赤鬼1


lbj_lbj at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 

June 03, 2010

主人と新婚旅行以来の海外旅行に先日行ってきました。

2人ともグアムは初めてで主人はアメリカ自体が初めてでした。

一昔前グアム旅行が人気だった頃がありましたが

今はどうなんでしょう。

何年経ってもハワイ旅行は人気ですが

私的にグアムはそうではない気がします。

グアムに行って思ったことはとても建物が古くて

ブランドショップばかりでブランド好きな人はいいかもしれませんが

そうではない人にはいまいちだなぁと感じました。

今でこそ人気をとり戻しつつある日本のあの場所にそっくり。

海外版といった感じでしょうか。

正直食事はいまいちでした。

日本の食材がいかに美味しいものなのかを再認識した感じです。

料理がというよりも野菜なら野菜そのものが

美味しくありませんでした。

ホテルの食事だというのにきゅうりがモサッとしていて

まったくシャキッとしておらず

普段レタスが美味しいなんていちいち考えながら

食べていませんでしたが日本のレタスがどんなに美味しいのかを

感じました。

ちなみに宿泊したホテルはグアムの中でも

トップクラスのホテルです。

主人と現地で申し込んだプールとジェットスキーと

パラセイリングをしたのですが

プールサイドで飲んだマンゴースムージーが一番おいしいと

2人で全く同じことを言ってしまったくらいです。

とは言ってもジェットスキーとパラセイリングは

かなり楽しかったですよ。

パラセイリングはハワイでやったことがありましたが

グアムの方が安かったですね。

買い物に行ってもどこに行っても同じブランドショップしか

なかったのが残念でした。

この旅行に行く前に毎年行く一族(主人の親兄妹とその子供達)との

旅行にグアムが上がっていたのですが

主人も私もやめた方がいいというつもりです。

そもそも上は70歳、下は3歳の総勢15人で海外に行くのは

正直無理があるような気がします。

4時間のフライトとその後の入国審査だけでも

まだ小学校低学年以下が6人もいることを考えると大変。

しかも近年義父はめっきり足腰が弱くなって

歩くスピードがかなり遅いので

いくら残り時間が表示されるグアムの横断歩道といえど

渡りきることはできません。

私達大人でももたもたせずに歩かないと

赤に変わってしまうのですから!

『親父は赤に変わってもまだ道路のど真ん中だよなぁ・・・』と

渡りながら主人がボソッと言いました。

会社が休めれば2泊3日を3泊4日にするところでしたが

2泊3日でよかった。

ただのんびりはできたので結構ぼろくそ書いてしまいましたが

楽しめたことは楽しめたんですよ(笑)

↓あと2日休めればハワイやヨーロッパに行きたいなぁ…
梅雨カエル

lbj_lbj at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 

February 19, 2010

今日これから西伊豆に旅行に行ってきます。

2泊3日の旅です。

旅行から戻ったらそれこそ引越の最後の追い込みで

準備をしなくてはいけません。

普段主人はせっかく休みをとるんだから飛行機でと

言っていましたが珍しく車で行ける旅行です。

先日車を買い換えたのでそれに乗りたいというのもあるのでしょう。

基本我が家は旅行先も宿も全て主人が決めます。

これと言って私は不満はないので・・・

私以上に宿泊するホテルや旅館をこだわる人なので

今まで行った中で外れはありません。

本当は土日月の旅行だったのですが

月曜日に会議があることを主人がすっかり忘れていたので

急遽金土日になりました。

その為当初とっていた宿は1泊分のみ空きがありませんでした。

今回行くのは堂ヶ島温泉です。

朝の5時出発なので4時過ぎに主人を起こそうと思います。

私は旅行前はきっちり家事を終わらせ

夜入ったお風呂も出る時に掃除をして洗濯もしてから

出かけるたちなので寝る時間はありませんが大丈夫でしょう。

では行ってきます。

↓久しぶりの温泉・・・うれしい!!
うさちゃん2


lbj_lbj at 03:35コメント(0)トラックバック(0) 

October 19, 2009

これは『広島へ』『岩国市内観光』『夜の厳島神社』『宮島観光』の続きです。

昼食後、しばしお土産屋さんを見ましたが

お腹がいっぱいでポカポカと気持ちよくで眠くて眠くて仕方ありませんでした。

今朝は温泉に入りたかったので5時半起きだった為尚更です。

宮島桟橋から昨日とは違い遊覧船に乗り世界遺産航路を通り

広島市内に行きました。

広島市に入るまでは高速で運転されていた為

行ってしまえば単なる移動。

その為、私以外にも半分くらいの人たちが

疲れて寝ていました。

気がつくと広島市内に着いており

半分の人が船上に出て景色を楽しんでいました。

全員が一度に船上には出られない為、私達は後半。

ちょうど代わった後に船上から広島原爆ドームが見えました。

c2735669.jpg


風が気持ちよく目覚めたばかりの私にはちょうどよく気持ちよかったです。

元安桟橋に到着し、平和記念公園を通り、

『広島平和記念資料館』へ歩いて向かいました。

原爆の惨さを目の当たりにし、悲しくなりました。

特に外国人観光客の人たちは、目に涙を溜めている方もいました。

沖縄にも行ったことがありますが長崎には行ったことがありません。

私は長崎に原爆の落ちた8月9日生まれなので

いつか1度は長崎を訪れてみたいと思っています。

その後バスに乗り観光予定でしたが、

みんな既に疲れていたので、広島城は横を通るだけにしました。

そして広島駅へ。

予定より30分以上早く駅に到着し、お土産を購入。

バスガイドさんが美味しいと教えてくれたお好み焼き屋へは

まだ昼食を食べてそんなに経っていなかったので食べられませんでした。

ところが一緒に行っていた方々は、義両親と私達夫婦を抜かして

全員お好み焼屋で食事をしていました。

恐るべし胃袋汗

新幹線へ乗り4時間かけて帰りました。

私達がお好み焼を食べていなかったからと、

一緒に同行していた方が買ってきてくれていました。

温かくてとっても美味しかった。

日頃はどちらかというと作るのが簡単な大阪風お好み焼きを

食べていますが広島風もいいですね。

長旅(?)を終えかなり疲れたというのが感想です。

70歳になる義父はメンバーでは若い方。

80歳の方もいる。

若い私達がこれだけ疲れるのだから、

お歳を召した皆さんはかなり大変だったのでしょう。


↓来年は是非優しい旅行を。頑張ったお年寄りにワンクリック

68a39e34.gif


at 23:53コメント(0)トラックバック(0) 
これは『広島へ』『岩国市内観光』『夜の厳島神社』の続きです。

広島旅行2日目。

8時20分にロビー集合。

でも皆さん集合がとても速いので10分前に行っても遅いと

主人が言っていた通り、7時50分にロビーにおりたら

皆さん既にラウンジでお茶をしていました汗

宿から徒歩で宮島ロープウェイまで歩いて行きました。

途中鹿が沢山いて、人間を警戒する感じは全くありませんでした。

a2048f88.jpg
 

ロープウェイまでの道は昨日に引き続きお年寄りには優しくなく

昨日リタイアした方は今日はホテルで待っていることに。

せっかくの旅行がこれではなんだか気の毒です。

ロープウェイを乗り継いで行ったのは獅子岩まで行きました。

猿が沢山いて、お母さん猿にのる子猿がとても可愛かったラブ

その後ロープウェイで再び戻り、行きとは違い紅葉谷公園を通り

厳島神社まで歩きました。

さすがに杖をついている方々にはキツイ山道。

ホテルで待っていてくれている方たちと一緒に

ホテルのバスで直接厳島神社で待ち合わせとなりました。

元気なのはご夫人方ばかり汗

厳島神社には沢山の外国人も訪れていました。

c833e820.jpg


一度は訪れてみたいと思った厳島神社。

昨夜の夜とは全く趣が違いました。

21f66f4c.jpg


こちらは反橋。

昔の方は滑りにくい靴があったわけではないのに、

この橋を渡れることに驚きです。

ちょっと残念だったのが、昨日の河村隆一のライブの名残が

残っていて、席や照明の台などがあり

後片付けの最中でどうしても写真に撮ると

鉄パイプ等が写って全体を綺麗に写真に撮ることが出来ない悲しい

その後歩いて厳島神社の持ち物である五重塔に行きました。

またまた道が険しく、階段を上り下りするのが

杖をついている人たちには辛そうでした。

dc48fbeb.jpg


その後町屋通りを通り、昼食会場へ。

お昼はアナゴ飯とカキフライでした。

お年寄りにはテーブルや掘りごたつがいいのですが

畳だった為、膝が曲げられず皆さん苦戦していました。

つづく…


↓つくづくお年寄りには向かない厳しい旅行だと思った私にワンクリック
aa78ff0f.gif


at 23:32コメント(0)トラックバック(0) 

October 18, 2009

これは『広島へ』『岩国市内観光』の続きです。

岩国市内観光が終わると再びバスに乗り広島県へ。

今晩の宿のある厳島(宮島)に行く為、宮島口へ。

そこからフェリーに乗り、厳島へ渡りました。

到着後まずはホテルへ。

お世話になるのは『宮島グランドホテル有もと』

私達夫婦が宿泊したのは和洋室のお部屋。

結構広めでくつろげる室内でした。

館内の温泉に行く為のアメニティーは各お部屋に用意されていて

バスタオルは浴場にないのでそれはお部屋から持っていきます。

浴衣の紐は男女兼用ではなく、女性用は少し幅広の為

使いやすかったです。

そこまで広くはありませんが、温泉は屋内に1つ(サウナあり)。

露天風呂は2種類ありました。

温泉に入りその後は夕食。

私は添乗員が付きっきりの旅行は修学旅行くらいしかなかったのですが

宴会場での食事にコンパニオンがいたのは初めて。

年齢がいまいち不詳ですが私よりは若かっただろうと思います。

25歳以下かどうかは分かりませんが

義父はお姉さんをキープして楽しそうでした笑い

食事の後はホテルの送迎付で厳島神社ライトアップ無料ナイトツアーへ。

船の上からライトアップされた厳島神社を見学するもの。

前日は島谷ひとみがライブをし、

今日は河村隆一がライブを。

ところがナイトツアーの私達にとっては

この彼らのライブが凶と出ました。

ライブでかなりの明るい照明をあてるので

船上からみると逆光で大鳥居が全く見えない困った

少し角度が変わると見えることは見えるのですが

やっぱり照明が邪魔でした悲しい

どうにか携帯で撮った写真がこちら。

b77cbb7f.jpg


これが精一杯。

正面からの写真は何かの亡霊のように見えて怪しい写真の為、断念。

でも鳥居の真下を船が通ってくれたのには感激でした。

その時の写真がこちら。

5127ca6b.jpg


宿に戻るとロビーでピアノコンサートが開催されていました。

しばし鑑賞。

私達夫婦は途中で部屋に戻ってきてしまいましたが

リクエストも聞いてくれるのでなかなか良かったのでは。

ラウンジの席は埋まって大盛況でした。

その後私と主人と言えば、なんだか気づかれも手伝って

9時半だというのに二人して爆睡でした。

翌日につづく…



↓今度はライブのない日にナイトツアーに行きたい私にワンクリック
1c858e4c.gif


at 23:25コメント(0)トラックバック(0) 
これは『広島へ』の続きです。

バスガイドさんの話術にのせられ向かうは山口県岩国市。

広い河原にただ線を引いただけ汗の駐車場にバスを止めまずは錦帯橋に到着。

cad14f1c.jpg


blog用の写真は全て携帯で撮っているので、醜いとは思いますがご勘弁を。

写真中央の山の上に見える建物は岩国城。

これからこの岩国城目指して徒歩で移動です。

とりあえずちっこ過ぎて見えないと思うので

画像は粗いですが拡大して撮ってみました。

30bef951.jpg


観光用にか元々かは分かりませんが、

橋の上は一部段差の少ない階段になっていました。

同行の方々にはちょうど良いみたいですが

私達夫婦は余計疲れてしまうので、一段抜かしで歩きました。

ad3965ca.jpg


指が入っていまいちよろしくない写真ですがこんな感じ。

目の前の白シャツの人はお恥ずかしや主人です。

お○ブですが、一応可愛くポッチャリということで笑い汗

ロープウェイに乗っていざ岩国城へ。

到着したかと思えば、お年寄りにはきつくロープウェイの駅から

岩国城までハイキング(?)

メンバーの一人は肺の手術をしたとかで

途中苦しくなってリタイア。

戻ってくる私達を途中の道で待っていることに。

その他にも杖をつく人2名。

肺がんを克服した人1名。

ペースメーカーを入れている人1名。

全く優しくないツアーですね困った

皆さんのペースに合わせつつ到着した岩国城。

e239bc3b.jpg


城内に入ることが出来ました。

刀や槍が展示されていました。

岩国城以外に日本全国のお城の写真もあり、

日本にはこんなに沢山のお城があるのかと驚かされました笑顔

下に降り、今度は岩国の白蛇を見に行きました。

ecb8221b.jpg


赤い目で白く光沢のある蛇が、うじゃうじゃいました。

白蛇は縁起がいいと言われているので、

お守りを買って帰りました。

実はどんなご利益があるのか全く分かりません汗

つづく…


↓優しくない旅でも頑張る彼らにワンクリックを
21723b42.gif


at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 
主人の仕事の関係で夫婦揃っての旅行に広島へ行ってきました。

同業者の社長さんとその奥様との旅行です。

全国的にその集まりはあるのですが、

今回はその地区別の旅行です。

とは言っても、社長夫妻と言えば大体お年寄りが多く

今回若かったのは私達夫婦のみ汗

あと5年程すれば世代交代になるようですが

まだまだ若い者には負けてられない方々ばかり。

義両親は3日ほど前から仕事関係で四国に行っていて

現地で合流することになっています。

はっきり言って、主人はともかく私は誰一人存じ上げない為、

現地合流といえど義両親が旅行にいてくれて助かりました汗

朝は早く7時10分の新幹線集合。

4時間かけた新幹線の旅が始まりました。

長い新幹線での移動は終わりやっと少しは動けるのかと思いましたが

次はすぐに観光バスでの移動が待っていました。

バスガイドさんは義父にとっては悲しいかな

バスガイドとしてはかなりお歳のおばちゃん。

そもそも義父は30代前半の私は眼中になくとにかく若いお姉ちゃんが好き。

25歳以下限定の今月70歳になる爺さんです笑い

とは言っても、そのガイドさんに話術にのりのりのメンバー達。

広島に着いたばかりなのにそこからバスで向かった場所は山口県でした。

私はそもそも中国地方は初めてだったので

いきなり2県に行けてラッキーでした。

つづく…汗


↓お年寄りばかりの旅行に若干の不安を抱える私にワンクリック
52c7e294.gif


at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 

October 03, 2009

F1観戦の後、早足で1時間歩き、白子駅から名古屋へ急行に乗って帰ってきました。

今日のホテルは名古屋駅から2駅行った丸の内にある為、先に名古屋で夕食をとることにしました。

ひつまぶしは昨日食べたので今日は味噌カツです。

テレビでも一次話題になった矢場とん 名古屋駅名鉄店に行ってきました。

昨日ひつまぶしを食べたお店のすぐ隣です。

待っている人がかなりいましたが、そんなに待たずに入れました。

私が注文したのは鉄板ひれとんかつ。

主人は鉄板とんかつを注文。

私はお肉の脂身が苦手なので、肉といえばひれしか選びません。

自家製ポテトサラダも。

そして生ビールを2つ注文して乾杯乾杯

予選を振り返りつついただきました。

味噌が少しドロッとしているのかと思いつつ、サラサラしたソースで、その割に薄さを感じず美味しくいただきました。

からしの他にすりごまと一味があり、私のお気に入りはすりごまをふって食べる食べ方でした。

ポテトサラダももちろん美味しかったですが、きゅうりがみずみずしくて美味しかった。

食事を終えてお店から出ると、昨日すんなり入れたひつまぶしのお店まるや本店 名駅店には長い列が出来ていました。

それを見た主人は昨日に引き続き

『30分早く家出て正解だっただろ?絶妙なタイミングでお店に入っただろ?俺ってさすが笑い

と自画自賛。

その後2駅離れたホテルに行きました。

今日の部屋もまたベッドが1つでしたが、ベッドのサイズはダブルでした。

ただ難点なのがベッドが壁にくっついていないこと。

くっついていた方が端のギリギリまでベッドが使える為、私としては嬉しかったのに…

また主人がクーラーの風が直撃することに喜んでいました。

だから私は寒いって!!


↓凍えながら寝た私にワンクリック
8a5e5bf4.gif


at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

October 02, 2009

19時に家を出る予定でしたが、30分早く家を出発して名古屋に到着。

ホテルに行く前に夕食を食べることに。

やぱっり名古屋と言えばまずはひつまぶしキラキラ

お店は駅前にある名鉄百貨店内のまるや本店 名駅店

到着したのが21:50。

いつもかなり混んでいるそうですが、ラストオーダー10分前ということでほとんどお客はいませんでした。

私が注文したのが上ひつまぶしと肝吸。

主人は特上ひつまぶし。

それに単品で卵焼きの中にうなぎの入ったう巻きを注文。

*いつもながら写メ撮るの忘れました。

生ビールで乾杯し本日の夕食ひつまぶしを食べました乾杯

のりと薬味はおかわり自由ということだったので、多めにかけていただきました。

濃すぎないたれが美味しい。

山椒をかけるとまた一味違って美味しかったです。

でも私はやっぱりお出汁をかけていただくのが一番好き。

しかもここのお出汁がとても美味しかった。

日本茶やお味噌汁を飲んで

『あ?日本人で良かった笑い

と思うことはよくありますが、今日の私はお出汁を飲んで

『あぁ?日本人て最高ラブ』と。

すると主人が

『30分家を早く出て正解だっただろ笑顔』と得意げにニンマリ笑い

食後にサービスされた煎茶がまたまた美味。

味はもちろん香りよく色もきれいキラキラ

『あぁ?日本人て素敵笑いキラキラ

大満足で店を出て、駅の反対側にあるビジネスホテルへ。

向かう途中に主人が

『あぁ?困った帰りの新幹線の切符を発行する時に使うカードを忘れた』と。

かと思えば、

『あぁ?困った新幹線の予約ナンバーの入った携帯電話(プライベート用)も忘れた』と。

かと思えば、

『あぁ?困ったキャッシュカードも忘れた。お金足りない困った』と。

我が家は主人がお財布を握っている家。

だから主人がいつも支払いをするのですが…

『念の為に現金3万円持ってきたし、キャッシュカードもあるから大丈夫だよウインク

と言うと、

『(そのキャッシュカードは)コンビニでもおろせるやつ?』と心配そうに。

『おろせるよ笑い

というと、主人はニンマリ笑い

もしや、ぜ、前途多難?汗

無事ホテルに着くと、ベッドが1台。

えーーー困った

でもシングルじゃなかったからよかったけど、セミダブルは辛い。

主人は0、1トンなのに…汗

普段のダブルベッドでも辛いのに…悲しい

主人は気にもとめていない様子。

そりゃそうでしょ。

いつも大変な思いしながら寝ているのは私なんだから怒

『あぁ?ビジネスホテルっていいね、(狭いから)クーラー(の風)直撃ラブ

あんだとーーー怒りこっちはさみいよ怒


↓狭いベッドで股関節をおかしくした私の頑張りにワンクリック
8d807a09.gif


at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 

September 20, 2009

今日は久しぶりに私の実家に行きました。

先日私の両親が仕事の見積もりに行く途中に立ち寄り、ウニを届けてくれたお礼です。

主人も私の実家へはお正月に行ったきりで、ウニのお礼もしなくてはということで決まりました。

加えて、夏休みに帰らずに今回の連休で里帰りをすると私の姉(三女)が言っていたのでちょうど良かったです。

今日は朝から忙しく、まずはニトリに行って家具や雑貨を見ました。

今すぐは買わないけれど、来年の引越しに備えて下見に。

その後車を駅の近くにある会社の駐車場に停めて電車で新宿三丁目へ。

高島屋でランチをとり、私の実家に持ってゆく手土産を買い、スニーカーを見に行きました。

結局今日は買わなかったけど、気にいったものはいくつかあったみたいです。

その後JR線で私の実家へ。

到着すると甥っ子と長女と父がいました。

父の勧めでまだ昼過ぎですが、ビールをいただくことに。

準備をしていると今度は次女夫婦が姪っ子を連れてきました。

次女のご主人のビールを準備していると、買い物に行っていた母と三女と姪っ子が帰ってきました。

そんなに広くないスペースに次々と人が集まってきました。

長女は私達がくる前になったインターホンが買い物に行っていた母たちが帰ってきたのだと思っていたようです。

ところがピンポーンの後に『ハイホー』と姪っ子を喜ばせる出方をしたのですが、その先にいたのは宅配便のお兄さんでした汗

もうバカ丸出しです。

程なくして今度は長女の旦那さんが来ました。


今回は三女の旦那さんと長男はサッカーの試合の為、遊びには来ていなかったものの、両親を含め、5家族が大集合でした。

夕方からは、久しぶりの野球観戦。

これから向かわなければならないというのに、主人はいい感じに酔いが回ってきてしまっていました。

電車で神宮球場へ、巨人ジャイアンツ?.S.ヤクルトスワローズ戦を観に行ってきました。

向かう途中に新宿の高島屋へ再び寄り、夕食のお惣菜を買いました。

到着すると、ちょうど始まったところ。

ec844aea.jpg


チューハイ片手に観戦スタート。

私のお目当てはラミちゃん。

2a52bbb0.jpg


ラミちゃん応援グッズを持って、ジャビちゃんの耳カチューシャをつけ観戦。

3回には5点をとり、その後4回、5回と1点ずつ。

67126d5e.jpg


これはもう余裕かしらと思っていたら、6回に2点とられてしまった。

ところが我が家は主人が帰りが混むのを嫌がる為、いつもいつも野球観戦は7回まで悲しい

でも小笠原とラミちゃんが交代になって、お目当てラミちゃんがいないので帰ることに。

主人がトイレに行っている間、私は帰り支度を。

戻ってきた主人に、『今、トイレの順番待ちしてたら、真横をラミちゃんが通ったよ』と興奮気味に。

なんですってー!!

呼びなさいよ!って感じよねぇー怒

交代したら帰りは早いのね…

03badfb9.gif




at 23:17コメント(0)トラックバック(0) 

August 25, 2009

北海道旅行最終日。

今日は帰る前に新千歳空港から車で15分程のところにある『ノーザンホースパーク』に行った。

ここは2年前の家族旅行の時に遊びに来た牧場で乗馬をしたりランドカーやサイクリングが面白かったと子供に大好評だったため、立ち寄った。

2年前、私はまだ主人と結婚していなかったけど、主人との旅行が何故か主人とその家族旅行に変わってしまい、結婚前にこの一族と旅行をした場所である汗

まず乗馬。

子供たちだけを馬に乗せ、大人は写真を撮りまくる。

よくある光景である。

2歳の義兄の娘は兄嫁が馬に乗るのを拒否した為、義妹が一緒に乗った。

義兄の次女は去年那須高原で乗った馬は仔馬だったので乗れたけど、今回の馬は大人の馬で大きかった為、怖くて乗れなかった。

何故か兄嫁がまたまた一緒に乗るのを拒否した為、結局次女は乗れなかった。

『ママとじゃないと嫌』だと言われてしまえばそこまで…

その後ランドカーを3台借りた。

私と主人と義妹の旦那の3人で、子供たちが乗馬をしている間に借りに行った。

人数の関係で2台は5人乗り、1台は4人乗りにしたら、馬力が違うので私が借りた4人乗りのランドカーは主人たちに追いつけず、取り残されてしまった。

その後みんなと合流し、ランドカーに乗ることに。

私と主人と義母と子供2人は4人乗りの為、やはり皆に追いつけない。

この進みの遅さは去年運転免許をとったばかりの私が運転しているからだと他のランドカーに乗っている皆は思っていたようだ汗

ところが誰が運転しても遅いと分かると気遣って途中で待ってくれたりするので気にせず先に行ってもらった。

途中主人と運転を替わり、遅いのだからこれくらいは楽しまないとと、子供たちを喜ばせる為に、主人はバックで運転を始めた。

もちろん周りに誰もいないところで。

本当は運転免許を持っている人しか運転してはいけなかったのだけど、途中1台は義妹の長男の運転に替わっていた。

ところが替わった直後5mくらいしか進まないところで思いっきり木に激突。

長男、ブレーキを踏むことを全くしていなかった。

しかも前日に1人でゴーカートに乗って得意げになっていた彼は、ゴーカートと同じ感覚で運転できると思ったようだ。

ところが想像以上に難しく、まだ小学校6年生だというのに今から将来の運転免許取得に不安を募らせ始めた笑い

『どうしよう、やべえ、運転難しい!』と。

すると義妹は『おまえ、運転なめんなよ』と。

するとすぐに運転は兄嫁に替わったのだけど、すでに私達の遅い車に追い抜かれていた。

その後千歳にむかい、お土産を各自購入。

無事羽田空港に到着した。

ただただ疲れた旅行だった汗


0b5778fb.gif


at 23:01コメント(0)トラックバック(0) 

August 24, 2009

北海道旅行第3日目。

今日は早朝出発。

運転手は義妹の旦那様。

うちの主人は出発早々、腹減ったと言い、ランチボックスに手を出した。

何故か私の分まで取って、一緒に食べようという。

先に1人で食べると自分にだけ皆からの目が来るのを分かっているので、私は単なる巻き添えだ汗

10時頃『旭山動物園』に到着。

すでにもの凄い混んでいた。

お目当ては11時からのホッキョクグマのもぐもぐタイム。

少し時間があるので先にオランウータンを観に。

ちょうどその時、哀川翔を発見。

子供を連れて旭山動物園に来ていた。

義妹は哀川翔の前に行って『そいやー!!』って言ってくると行ってしまった汗

確かに近くに行って何か言っている汗

その後ホッキョクグマのところに行ったはいいけど、かなり混んでいて私たちの並んでいたところは、既にもぐもぐタイムに間に合わないと言われてしまったので、途中で並ぶのを辞めた。

その後トラやライオンを観に行った。

すると雨が降ってきたので、急いで義父と義母のいるテント下に避難した。

途中やみ始めたものの、またかなり強く降りだしたため、これではたいして見られないし、そもそも凄い混んでいるので足早に次の宿の札幌に向かうことにした。

3日目は失敗だと口々に言っていた。

遠い上に雨と混雑で楽しめず、往復で移動が長すぎ、子供たちも疲れてしまった。

本日の宿泊先は『JRタワーホテル日航札幌』

はっきり言って家族旅行で来るようなホテルではない。

完全に大人の世界。

子供連れなどいない。

しかもここにはスパが付いているのだけど、子供は入れない。

どうやら予約をとった義兄もここを勧めた義父も知らなかったらしい。

その為、主人の両親と私達夫婦は入れたものの、子供のいる兄夫婦と妹夫婦は入れなかった。

主人の札幌に住んでいる従妹と夜食事の約束がなければ、義母と私で子供たちをみて、その間に兄嫁と義妹に入って貰ったのだけど、時間もなく、帰ってきてからは部屋のお風呂に子供たちを入れそれからだと、そのスパが閉まってしまうので入れなかった。

このスパは身長が150cm位ないと入れないくらい深いお風呂があり、そもそも癒しの空間の為、子供が入れないのは頷けた。

その後、従妹と約束している『北の居酒屋 炙屋』へ子供たちを連れてゆっくり40?50分かけて歩いて行った。

途中2歳になったばかりの義兄の娘が抱っこしてくれないことにぐずり、立ち止まって歩かなくなった。

皆でそのまま置き去りにして、遠くからその様子を見ていたけど、またそのぐずり方がかわいいラブ

『かわいいラブ迎えに行ってくる』と義妹が迎えに行き、抱っこしてもらいながら、兄嫁に向かって『ママー待って、待って』と言っていた。

また義兄の娘(次女)が『喉かわいた。ジュースくれないと歩けない』とぐずり始めたものの、皆に却下された汗

でも結局歩いてくれないので、2歳の娘を兄嫁が抱っこして、乳母車に次女を乗せ歩くことになってしまった。

兄嫁は腰が痛いから抱っこはしたくなかったものの、ママでないと嫌がるので仕方がない悲しい

到着して、子供をみるテーブルと従妹夫婦とその他の大人たちのグループに分かれて座った。

注文の段階でバイトの女の子に会計は一緒でいいけど、注文は各テーブルでとって欲しいという内容のことを義兄が言っていた。

そうすれば出てきた料理をこれはあっちとかこっちとか言わなくて済むからなのは分かるのだけど…

傍からみて義兄は最初から言い方がきつかった。

『その注文の取り方でどの料理がどっちのテーブルだって分かるわけ?』と。

何度も同じことを言ってそのバイトの子を責め立てるので見かねた主人が義兄に言った。

『かわいそうだろ!バイトの子を責めたって仕方ないんだから。言いたいなら上に人間に言えよ』と。

そもそもなんで義兄はこんなに気が短いのだろう…

子供たちはだんだんと飽きてきてしまった為、走り回って大変なことに。

何故か各子供の親はあまり注意をしない落ち込み

案の定、店の人からもう少し静かにと注意を受けた。

ところが注意したところで静まるわけではない。

義妹は1回言えば分かるからとそれ以上は注意をしない。

何度も言うと嫌がるからというのが理由なのだけど、それって違うのでは…

結局義母に義妹が注意をされると、キレ気味に『先に連れて帰ってるよ』と。

ほんとなんでこの家族はすぐに切れるのだろう…困った


その後皆でタクシー3台で帰ることに。

とにかく疲れた1日だった。


db1b9f16.gif


at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

August 23, 2009

一族北海道旅行第2日目。

登別のいつも宿泊している宿第一滝本館を今朝出発。

荷物を降ろしてもらうのにかなりあるので台車を3台お願いしたのに1台しか来ず、チャックアウト後に荷物待ちになってしまった。

いつもの恒例だが宿の玄関で写真を撮る。

私は義父に頼まれてバスを取りに行ってくれている主人と義弟を写真を撮るからと迎えに行った。

写真を撮っている時に義母がいないので義妹に聞いてみると、集合が遅いと言って怒って1人ロビーにいるとか…

正直、もういい大人なのだからいちいち怒らないでほしい。

そんなこと言ったら、昨日の空港での迷子事件も私と主人の2人の旅行ならあり得ないこと。

いい加減にしろと怒りたいのはこっちだし、主人はいつもなら少なからず苛っときている内容ではあったけれど、家族旅行だからこそ怒らずにいたのだし…

登別の1泊を義父の兄夫婦とその娘夫婦と合流してみんなで楽しくやっているのだから、1人いじけないで欲しいと思った。

総勢20人が一緒に行動していればこういうこともあるだろう。

あとになって私だけ写真に写っていないといわれても困るし…

出発前になって、バスの調子がいまいち。

バスの後ろに水を入れるところがあって、そこに水を入れたいから宿の係の人に義兄が頼んだ。

係の人も今までに例がなかったのか何で入れていいのか分からず、確かに態度も良くなかった。

でも義兄がバケツでもなんでもいいからと頼んだのだけど、その態度にカチンときたらしく、とりに言ってくれたその人を引きとめ、『おい、イヤイヤ行くならいいよ。いいって言ってんだよ!』と怒りだした。

結局その係の人は取りに行かなかった。

元ホテルワーカーの私からすると、この宿の人のほうが悪い。

でも義兄もそんなことでいちいち怒らないで欲しい。

義妹と私は『何であんなにすぐ怒るの?』と昨日も苛ついていた義兄を見ていたので尚更思った。

実の妹によく怒る兄だと思われているのだから、他人が見てもそう思うだろう。

義母といい義兄といいせっかくの旅行なのですぐに切れるのはやめて欲しい。

慌ただしく出発。


本日の宿泊先はキロロ。

今日の運転手は主人である。

その前に『アクティブ・リゾート・ルスツ』に立ち寄ることに。

74da914d.jpg


お目当ては遊園地。

何より子供たちは去年の那須高原の旅行で乗ったゴーカートが楽しかったらしく、ここにもあるので楽しみにしていた。

時間を決めて、集合することになったので私は主人と二人でまわった。

私は絶叫系が好きなのだけど、主人は苦手。

去年の那須では何度か乗っていたのに、今回は1度も乗ってはくれなかった。

言う言葉は『健康診断で乗ってはいけないと言われたんだよ』とあり得ない言い訳をしていた笑顔

子供たちが来るまでに、お先にゴーカートに乗った。

もちろん1人乗り。

F1好きな私達夫婦にとっても楽しみだった。


しばらくすると子供たちが来て乗りたいと言った。

唯一1人で乗れるのは5年生以上140cm以上に当てはまる義妹の長男。

それ以外の子供たちは大人が1人ずつついて乗ることに。

1人3、4回は乗ったと思う。

1人乗りが好いていた為、義妹の長男は10回以上乗っていた。

雲行きも怪しくなってきたので、早めに宿に行くことにした。

天気が良ければ、この施設についているプールにも入る予定だったのだけど、気温も低かったので、大人からしてみればホッとした。


本日の宿泊先は『キロロリゾートホテルピアノ』

到着したころには雨も降りだし、しかもかなり寒かった。

長袖が必要。

館内はかなりきれいで部屋も広い。

人件費削減の為か、出迎えもなく荷物は全て各自で運ぶようだった。

ISOを取得しているホテルだったので、温泉には各自で部屋からタオルを持っていく必要があった。

この宿は1泊目とは違ってJTBにお願いしていたので、有料で支払済の温泉施設のチケットが着いていた為、外は寒いけど、館内ではなく別館の温泉施設に行った。

プールに入るとごねる義妹の長男を夕食の予約に間に合わないからとなだめ、温泉へ。

想像よりも狭かったけど、きれいだった。

露天風呂は子供は立たないと入れないくらい深かった。

義母、義妹、兄嫁と私の4人大人がいる為、私と義母は一足先に上がり着替え髪を乾かし、それから上がってきた子供たちの髪を乾かした。

さすが4人もいると5人の子供の世話は楽だ。

その後予約をしていた『炭火焼きやん衆』に行った。

子供の分の料理もJTBで含まれていたのだけど、子供たちにはかなり多い量だった。

その後、ゲームセンターへ。

大人も含め、1人2000円のお小遣いを義母からいただき、各自コインゲームやUFOキャッチャーなどをして楽しんだ。

コインに交換しているとお兄さんが近づいてきて、もう自分たちは帰るからとゲームセンターにあるコインを入れる小バケツ一杯に入ったコインをくれた。

ラッキー笑い

その後、雨もすっかりやみ霧も晴れていたので、花火の打ち上げがあった。

想像以上に沢山上がり、とてもきれいで満足だった。

部屋に戻る途中でソフトクリームの売店があり、食べようという話に。

その割に皆、財布を持っている人がおらず、ちょうど後からきた財布を持っていた義兄にみんなで『お兄様?、ソフトクリームが食べたい』といい、無理やりおごってもらったウインク

明日は旭山動物園に行くので出発は6時半。

朝食のオープン前の為、JTBからランチボックスのオーダーを入れてくれたので明日はフロントでお弁当を受け取ることになった。


c6bc1052.gif


at 23:58コメント(0)トラックバック(0) 

August 22, 2009

本日から一族の旅行ですロケット

場所は北海道。

第一日目は登別です。


道が混むといけないし、飛行機に乗るまでにちびっ子達がトイレと騒ぎ始める(過去にあり)だろうとふんで、主人の実家に集合後、2台の車に乗り込み4:30AMの出発となりました。

おととし北海道に行ったときに比べると、割とスムーズに進んだけれど、義兄夫婦のベビーカーを預けなければ搭乗出来ないらしく、私たちは先に中に入って待っていた。

まぁまぁいい滑り出し笑顔

ところが無事に千歳についたかと思ったら…困った

バスをレンタルしていたけれど、その時間までまだあるので朝昼兼用で食事をすることになった。

義父と義母、ベビーカーのある義兄夫婦はエレベーターで、

その他は子供も含めて階段で2階に上がった。

2階にはお土産売り場がある。

とりあえず先に帰るお土産は買ってしまおうと、人気のじゃがっぽっくるやブタ子とこぶ太郎を購入。

その時間15分程。

子供たちは皆、キャラクターのお土産をみていた。

みんな集合しさぁ食事という時、義妹の息子、長男の小学校6年生の姿が見えない。

嫌な予感。

悲しいかな、彼はよく迷子になる。

でもまさかもう6年生で、来年中学生だからその辺の土産屋にいるだろうとみんな思ったのだけど…

私と主人、その子の父親と3人で探し回ったけど見つからず、かなりの時間が経った。

その後仕方がないので、総合案内のお姉さんに呼び出しをかけてもらうも反応なし。

その子と一緒にお土産を義兄の娘は見ていたというので、2階にいるのは確実。

そうこうしていると、義妹の携帯に息子から電話が…

どこにいるのかと尋ねるも分からないというので、近くのお店の人に迷子になったから近くの総合案内に連れって貰いなさいということに。

その後電話はすぐに切れてしまった。

またかかってきたけど、またすぐに切れてしまった。

一体どこにいるのか…

その後しばらく見つからず、念のため食事をとるはずだった3階を見回って戻ってくると発見させていた。

どうやら1階にいたらしく、見つかった時は1階の総合案内の横にポツンと座っていたらしい。

何故1階に行ってしまったのか。

基本迷子になったら動いてはダメということを彼は知らないらしい。

見つかるまで1時間半程を要したけれど、その後また事件が!!

レンタルバスが途中で故障したと連絡が入り、バスが来ない。

その後どうにか他のバスを手配したらしいが、あと15分で着くという連絡を受けてから、1時間バスは来なかった落ち込み

迷子事件があった為、食事をする時間はないと思われたので、おにぎりを買って椅子に座って食べることに。

バスがこんなに来ないなら、お店で食べられたではないかとみんなが口々に言っていた。

その後ようやくバスが来たと思ったら…

こんなバスだった…




106e59ff.jpg


カーテンもなく、型がかなり古いので、女の私でも座ると膝が前の座席に当たる。

しかもミッション。

普通にエンジンもかからず、メモ書きをみてやり方を確認。

付属の冷蔵庫は中に色の変わった紙コップが入っていて、待たされた揚句にこんなポンコツに乗ることになるとは思わなかった。

頼んでいたものとは違うらしい。

これで同じ料金だなんて…

男性陣はみな大型を運転できる。

それにも関らず、まっすぐ走っても蛇行してしまう、いつエンジンが止まるか分からないバスだった。

去年の夏に乗ったバスにみんな不満があったので今回はもっといいバスにしようと今回手配したのに、前回のバスが素晴らしいと思えるほどのポンコツぶりだった。

せっかく8時半に千歳に着いたのに、空港を出たのは11時半を回っていた。

このバスで3日間持つのだろうか…

11時前には宿に着き、チェックイン前にプールに入ることになっていたのにプールに入ったのは1時半過ぎ。

その後急いで温泉に入り、チェックインを済ませ、買い出しをしてやっと落ち着くことができました。

明日からどうなるのか…



971d7af4.gif


at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: