Relative

July 24, 2010

*パソコンの調子が悪くて久しぶりに更新です。更新日と日付違います(汗)

義父は夕張出身だ。

夏になると夕張にいる義父の兄がメロンを送ってくれる。

その他に義父は別で兄にお金を払ってメロンを送ってもらう。

先日この夏3回目の義母からのこのメール。

“メロンがきたんですがどうですか”と。

“今回が最後だと思います”というメールだった。

私は主人と2人。

メロンはすぐに熟れてしまうので戴いたらすぐに食べないとダメだ。

一度にいただくメロンは2個。

私達夫婦はこのメロンを2回で食べきる。

子供の頃によくあこがれた半月に切って食べるのだ。

いくら美味しいメロンでもさすがに飽きる。

そして夏休みの始まる今朝7時半に

義母からメールがきた。

“メロンがあるけどどうですか?”

えっこの前が最後じゃなかったの?

断ると悪いのでいただくが私は何回かに1回は断るようにしている。

で今回はお断りした。

先日義兄嫁からいただいた乳製品が冷蔵庫を占拠していて

入らないからという理由もある。

義妹から言わせれば“買いすぎなんだよ!少しは考えなよ”である。

5月、6月のグリーンアスパラガスといい本当に買いすぎだ。

これは義父に問題がある。

義父は昔貧乏だった。

だから会社の社長となった今、その反動が来ている。

とにかく買う。買い物好きは義母も負けてはいないが

義父の場合物にあふれていないと気が済まないようだ。

私の実母曰く『昔貧乏だった人は物が周りにあふれていないと

不安になったり落ち着かなかったりする』そうだ。

その為主人の実家のリビングダイニングにはティッシュの箱が

8個は置いてある。

義母が1か所にまとめて積み上げて1個をダイニングテーブルへ

もう1個をリビングテーブルに置いておく。

“1個でいいのよ”と義母はいうが義父はそれではダメ。

まだまだ中身の入っているティッシュの箱が

義母の“おまとめ”作業によりまた増えて12個になる。

そんな義父だからメロンも大量買い。

これが年末になると鮭にかわる。

鮭を丸ごと4匹も購入し切り身にする。

これを各家に配るのだ。

冷凍庫のスペースをその頃開けておかないと大変なことになる。

こうして年に何度か義父の暴走が始まる。

↓次の暴走は一体?
スイカ割り空振り2


lbj_lbj at 19:27コメント(0)トラックバック(0) 

July 10, 2010

*パソコンの調子が悪くて久しぶりに更新です。更新日と日付違います(汗)

昨日義兄嫁からチーズやマーガリンを大量に戴きましたが

今日も連絡がありラーメンと6Pチーズをくれると連絡がありました。

届けてくれるのは小学3年生の娘のNちゃんです。

義兄嫁の家からうちまではほぼ直線で道は難しくありません。

距離にして500メートルといったところで

ちょっとしたことで歩くのは嫌かもしれませんが

自転車なら何でもない距離です。

それでもまだ小学生で車の通りもあるので義兄嫁も

私も気を遣います。

“もう少ししたら出るからよろしく”という義兄嫁からのメール。

それから待てど暮らせど来ません。

心配になった頃にインターホンがなりNちゃんを確認しました。

玄関を開けるとそこには腿から血を流したNちゃんの姿が!!

『えー!!どうしたの?』というと

かなり冷静にNちゃんが『転んだ』と。

『痛くない?』と聞くと『うん、平気』というまたまた冷静な返事が。

慌てるのは大人ばかりか・・・

何か飲んでいくか聞くも大丈夫と返事。

さすがに怪我に気がついていながらそのまま帰せないので

消毒だけでもしていくようにいい消毒をしました。

そして家に帰し一応義兄嫁に報告をしようと携帯電話をみると

義兄嫁からメールで到着したら首にかけてあるGPS端末の

『到着』を押すようにNちゃんに言って欲しいと言われましたが

時既に遅し。

とりあえず帰した後にメールに気がついたこと

来る途中で転んで流血していた為消毒したことを電話で報告。

義兄嫁からあとあと聞いた話によると

家を出てすぐのちょうど義妹の家を通過した角で

排水用の溝に自転車の車輪がはまって転んだとのこと。

義兄嫁が娘に渡した我が家までの地図を落としたので

自転車に乗ったままとろうとしたら溝にはまって転んだそうだ。

それにしても義兄嫁からラーメンと6Pチーズと言われたのに

昨日に引き続き大量のマーガリンとチーズが付属していました。

恐らくお中元で大量に貰った為

どうにか減らそうと必死だったようです。

↓それにしてもよくNちゃんは怪我するなぁ・・・
ソフトクリーム


lbj_lbj at 18:05コメント(0)トラックバック(0) 

July 09, 2010

*パソコンの調子が悪くて久しぶりに更新です。更新日と日付違います(汗)

朝7時半頃に義兄嫁からメール。

“小岩井の乳製品系いらない?”というメール。

クリームチーズにマーガリン、こだわりソフトにスライスチーズ

塗るチーズと沢山。

正直我が家はマーガリンは使わずバター派ですが

ここで貰わないと義兄が義母に

『〇〇ちゃんが貰ってくれない』といちいちイジケタ報告をするのは

分かっていたので即答で『欲し~い』と返事をしました(笑)

我が家の近くのダイソーに買い物に来るらしく

その時に届けてくれることになりました。

10時半頃に義兄嫁が末娘を自転車に乗せてやってきました。

聞いていた以上に盛り沢山でしたが

ありがたく戴き、義兄にもくれぐれも宜しくと伝えました。

↓義兄にも・・・ここ大事!!
七夕3



lbj_lbj at 19:26コメント(0)トラックバック(0) 

July 08, 2010

*パソコンの調子が悪くて久しぶりに更新です。更新日と日付違います(汗)

義母から“いつものうどん買ったけどいりますか?”メールが届いた。

嫁としてはいてもいらなくてもいらないと言えず

もちろん戴きました。

10時位に連絡をいただき

この日は主人がお昼を食べに家に帰ってくるので

11時には戻らないといけないことを告げ向かいました。

いつもなら暇な義母は私を少しでも家にいさせようとしますが

この日は予定があったので長居はしませんでした。

午前中から行くとお昼ご飯と3時のおやつ、学校帰りの孫の相手と

永遠つかまり帰れないのでいつもは3時頃に行くところですが

主人の食事があってよかったです。

到着するとまず本当は自分たちで買うつもりはなかったことを

聞きました。

義兄が伊香保にいるのでうどん屋の場所を教えて欲しいと

義母に連絡してきました。

場所は分かりやすく簡単。

車で行っているのでついでにお金は払うから買ってきてと

頼んだそうです。

義兄の娘はこのうどんが大好き。

義父の食べ方でバターと鰹節で食べると美味しいらしいのですが

私はこってり系が好きではないので試したことがありません。

この食べ方は孫に大人気らしいです。

義兄の娘たちはこのバターうどんが食べれると

義兄がうどんを買ってくるのをとても楽しみにしていました。

ところが帰ってくると『買えなかった』と。

義母はあんなに簡単な道なのに分からなかったなんて

信じられないと愚痴っていました。

主人もこのうどん屋を知っていて道は簡単、迷いようがない

と言っていたのに義兄はたどり着けなかったのだとか。

義兄の娘達はガッカリしあまりの落ち込みようを

見ていられなくなった義母は送料をかけて

このうどん屋からうどんを購入したらしいのです。

2人分が1パックになっているので

主人と一緒の食事のときでないと食べれません。

ダイエットの為夕食は豆腐な主人。

週末のどこかで食べなくてはと思っていると

お昼を食べに帰ってきた主人から

お弁当持っていかないでどこかでまた食べに帰ってくると

言ってくれたので賞味期限が過ぎることもなく済みそうです。

↓義兄にうどん屋の場所を!!
かき氷


lbj_lbj at 15:19コメント(0)トラックバック(0) 

June 02, 2010

この度義父が〇綬褒章をいただきました。

その為どこから聞きつけたのか沢山の方々から

お祝いの品や祝電が会社や主人の実家に届きました。

下さる方々は会社の会長さんや社長さん、銀行の頭取だったりと

名立たる方々ばかり。

その為にすぐにお礼状を出さなくてはいけませんでした。

祝電などが届き始めた時は会社としては

給料日前の為大変忙しく、とてもではありませんが

普段宛名書きをしてくださっている事務の方々には

宛名書きなど書く暇がありませんでした。

その為主人に頼まれて私が本社に行って

宛名書きを書くことになりました。

幸い小学生の頃から就職するまでずっと書道をやっていたので

助かりました。

書いても書いても次から次へと実家や本社、営業所に

多くの贈り物が届きます。

そんな中先方の正式な役職や住所などが

確認したら違っていたとその日の午前中に書き上げたものが

全てなかったことになったりもしました(涙)

とにかく肩がこって大変・・・

ホントにどこから聞きつけたのか

恐らくある人のまた聞きのまた聞きという人もかなりいたと思います。

祝電の他には高級ワインが30本以上届いたり

胡蝶蘭なんて10個は届いたでしょうか

実家が胡蝶蘭だらけになっていました。

しかも面白いくらいみな、白の胡蝶蘭で

最後にたった1個だけ白に紫の斑点のついた胡蝶蘭が届きました。

お祝い事には白と決まっているのでしょうか?

この〇綬褒章は権威のあるものですが

戴いたら戴いたで大変のようです。

祝賀会を開きご祝儀を持ってくる知人友人はともかく

お国の官僚さんも招待しなくてはいけないのですが

ご祝儀は官僚さんからは一切出ないとのことなので

完全招待だそうです。

結婚披露宴だったらご祝儀がありますが

それがない為戴いたら戴いたで大変。

お金の話でいやしいかもしれませんが

いち専業主婦には目の回る話です。

しかも祝賀会は開かないといけないものだそうです。

とは言っても戴いたのは私ではないので

半分他人事のような感じでしたが

その祝賀会私ももちろん『出席よ!』と義母に言われました。

義父が贔屓にしている2つのホテルからは

その祝賀会をどうにか自分達のホテルでやってもらおうと

猛烈アピールが起こっています。

宛名書きを手伝ったと言っても

私的には身内のお祝い事なのでもちろん無償でやっていたのですが

義父が私に日当をあげてくれと主人に言ったそうです。

主人は私にその話をする前にその場ですぐに

断ってくれたのですが義父は申し訳ないと思っていたようです。

身内の宛名書きを今まで何度もやってきましたが

そんなこと言われたのは初めてで

これが実の家族か他人かの違いなのでしょうか。

2日で全て書き上げましたが

その2日目に義父から思わぬ言葉が!!

『(宛名書きを)プリンターで印刷じゃいけないのかなぁ

いんじゃないか?』と・・・

本社にいた事務の方も私も固まりました。

そうして下さるのならどんなに楽か・・・

でも2日目も終わる頃にそれをいいますか?

筆で書いた方が心もこもっているからと

筆で書くように指示をしたのは誰でもなく義父なのに・・・∑( ̄ロ ̄|||)

恐らく義父なりに私に気を遣ったつもりなのですが

事務の方々はここまで書かせて何を言い出すのかと

逆に私に気を遣って

『〇〇ちゃんがこんなに綺麗に書いてくれたし

こちらの方が素敵でいいですよ』

とひきつりつつフォローを入れてくれました(笑)

結局後日実家で義父が気持ちが納まらなかったのか

2日分の日当と言ってお金をくれました。

私も断ったのですが即座に義母が

『(もらえるものは)もらっておきなさい!!』と

嫁への猛烈サポートが入りました。

落ち着いた9月頃に祝賀会のようです。


↓まずは身内でお祝いをしました
カタツムリ



lbj_lbj at 19:29コメント(1)トラックバック(0) 

March 27, 2010

引越当日の夜、夕食を義妹夫婦と双子を除くメンバーで

食べに行きました。

夕食を共にすると決めたのが遅かったので

買い物に出かけていた義妹は来れませんでした。

地元を離れタクシーで食事に向かいました。

子供もくつろげるように居酒屋ですが個室を頼みました。

ここは義兄が好きなお店の1つのようです。

アルコールをずっと辞めていた私ですが

皆で集まってしかも私達夫婦の引越祝いを兼ねていることもあり

勧められて断れず久しぶりに生ビールを飲みました。

もう、ホンッと美味しい!!!!!

食事自体は普通いに進んだのですが

途中義兄の末の娘が(今度3歳)主人の頬をひっかき流血。

それを見た義兄嫁が娘を叱ったのですが

義兄が『いつもは叱らないくせに何なんだよ!!!』と

怒り始めました。

私からすると義兄嫁はいつもきちんと子供を叱っています。

今回も悪いことをした時に注意しないと分からないからと

叱ったのに反対に義兄に怒られる始末。

義両親はいつも口出しをしますが珍しく何も言いませんでした。

理由は明白。

自分達の息子の見方だからです。

その家にはその家のやり方があるのでもちろん私達夫婦も

何も言いませんでが義兄嫁がかわいそうになりました。

泣き始めた娘を抱えながら義兄はあやしていました。

以前義兄の口から『ホントこいつ(末娘)は言うことを聞かないし

我がままで手がかかる』と言っていましたが

傍から見てそういう娘にしたのは義兄以外の何物でもありません。

抱き上げて何事もなかったように笑顔であやす義兄を見て

なんだか無性に腹が立ってきたのと同時に義兄嫁が

かわいそうになりました。

自分の弟といえどもう家庭をもった主人。

言ってしまえばよその人です。

子供がしたことと言えど手を出した娘を叱らないなんて

見方を変えれば私に対しても失礼。

義兄はよく『〇〇ちゃん(私)には悪いけど女3人はきついよ』

と言います。

ちなみに私は4人姉妹。

『いうこと聞かないし父親をバカにするし・・・』など等、口にしますが

私の姉妹と一緒にしないで欲しいというのが本音です。

私達姉妹は思春期でさえ父をバカにしたり

毛嫌いしたり汚いだの洗濯物を一緒に洗わないでだの

父の後のお風呂は嫌だとか言ったことも思ったことも

誰一人いません。

それが義兄は既に小学校3年生の娘が幼稚園の頃から

汚いと嫌がられているのです。

4人姉妹で育った私からすると義兄に原因があるとしか思えません。

傍からみてその原因がちらほら見受けられるからです。

義両親から『子供の前で夫婦喧嘩をするな』と

注意されているにもかかわらず怒りだす。

でもこの場合上記のようなことを言われるのはいつも義兄嫁。

ホント義兄嫁がかわいそうです。

お祝いの席ですらこうですからどうしようもありません。

その後どうにか空気もいい方向に戻りお開きとなりました。

帰りがけ駅でこれからタクシーに乗って帰るというのに

義父が花屋で胡蝶蘭を購入しました。

しかも1メートルをこえる大きなもの。

それを私に『はい、引越祝い』と言ってくれました。

       ラン2

頂き物でなんですが私の好みの花の柄ではありません。

義父は花屋でもともと18,000円の胡蝶蘭を3000円で購入。

 『花もほぼ咲いて終わりだから安くして!』と無理無理言って

購入したのですがもらったこっちも若干迷惑です。

タクシーの助手席に主人が、先に降りる私が最後に乗り

義妹の長男(今度中一)と義父と私と胡蝶蘭が

後部座席に座りました。

年老いた義父は2度も脳梗塞を患い心臓なども手術をしていて

ペースメーカーも入れていることもあり

これだけ大きくて重い胡蝶蘭を抱えて寄りかかるわけにもいかず

身体を義父側に傾けるだけで決して義父に寄りかからずに

態勢をキープするのはかなり大変でした。

あと500メートル我が家が遠かったら力尽きていました。

義母にも『今からタクシーに乗るのに何で買うのよ』

と呆れられていた父。

会社の社長なんて人のいうことなんて聞きません・・・ハイ。

さすがに義母の私を見る目が哀れそうでした(涙)

我が家にきたこの胡蝶蘭。

リビングはそれなりに広けどはっきりいってデカ過ぎて邪魔です。


↓この一族とこの先何年上手くやっていけるのか・・・不安
ライオンひな祭り


lbj_lbj at 10:15コメント(0)トラックバック(0) 

January 28, 2010

先日Frantzで今話題の神戸魔法の壺プリンを買いました。

      神戸フランツ2
こんな感じでいかにも魔法の壺といった感じ。

ただ見た瞬間主人の口からは『ちっちゃいね』の一言。

      神戸フランツ1

中身はこんな感じ。

3層になっていて一番上が濃厚だけど甘さ控えめの生クリーム。

そしてなめらかなカスタードプリン。

プリンと言うよりはムースに近いほどのトロトロ感です。

そして底には苦みのあるカラメルが入っていました。

上だけでは私には甘いのですが

そこのカラメルがほろ苦いのでそれで調和がとれていて

美味しくいただくことができました。

何より主人には小さいそのサイズこそが私にはちょうどいい。

主人は一口食べるなり美味しいを連発し

届いたその日に『次の注文入れておいて』と言ったくらいです。

でも最後にまた一言『もっと大きければなぁ・・・』と。

私のお勧めは半熟チーズケーキ(プレーン)なので

どうしても食べてもらいたくてそれも一緒に注文しました。

どうせなら送料無料にしようと思いプラス北野なめらかプリンも

注文しました。

容器も可愛くて素焼きっぽいのでスイートーピー等の花をいける

花瓶にも使えるし、それこそ手造りプリンやゼリーの容器にも

使えそうです。

主人は義兄嫁も欲しいというのであとで料金をもらうかたちで

我が家に着払いで届くようにしました。

それを届いた当日に届けることに。

義妹の家にも買わないと『うちには?』という話になると

主人は分かっているので義妹の家の分も購入。

義母はこれじゃないプリンがいいと言っていたので

買わなかったのですが、義母のことだから自分の分だけないと

確実に文句を言うのは実の子である主人が一番分かっているので

結局9個入りのプリンを3つ買ったのですが

1箱は義兄嫁宅へ、1箱は義妹宅へ、そして我が家の分を

3つ義母に渡すことにしました。

あまりにも近くに住み過ぎていてこういったことが困ります。

普通に自宅用に買ったちょっとしたものでも

『うちにはないの?』と義母と義妹には言われてしまうのですから。

買ったことを言わなければと思うかもしれませんが

例えばTVで放送されていたプリンに対して

『あぁそこのプリン美味しいよ』というと

『なんでうちの分もその時に買ってくれなかったの?』という感じ。

義兄嫁の家に届けに行くだけでもお互いの家が見えるくらいなので

すぐにばれます。

ただ今回は義妹に頼まれていた訳ではない為料金は貰えないので

実際貰わないことにしました。

それなのに最初からお金を払うから一緒に買って欲しいと言っていた

義兄嫁だけから貰うなんてこともできません。

義妹は『言わなきゃ分からないのに』と言っていましたが

それは無意味なのです。

いつも子供たちの口からあっという間に知れ渡ってしまうのですから。

その日は月曜日でしたが義妹が家族で実家で食事をすることに

なっていました。

すると義妹は1つのみ、そのプリンを常温で解凍し始めました。

いつも思うのですが自分の分だけ。

子供達や旦那の分はやりません。

そして食べると美味しいを連発。

義妹の長男に一口と言われて食べさせるとあまりの美味しさに

『オレのは?』と言ったくらいで子供の口にも合うようです。

ところが義妹は『あんたの分はない』と。

長男は容器についた残りを必死にかき集めていました。

『大丈夫だよあるから。だからそれはやめな』と

私が言ってもやめません。

義妹は解凍していないからというのもありますが

これは子供にはもったいないというのが本音。

『この子にはビッグプッチンプリンでいいのよ』と。

以前も新婚旅行土産のチョコを渡すと

まず義妹は箱を1人で抱えて最初に食べ

凄く美味しくて気に入り子供にはもったいないと言って

結局子供に1つもあげないで1人で完食したくらいです。

もちろん義妹の旦那にもあげません。

義妹はかなり食べ物に対して貪欲なところがあります。

冗談ではなく本当に1人で食べることがあるので

息子(長男)も必死だったのです。

帰りがけに『〇〇(主人)が子供たちにもって言ってたから

××(長男)の分もあるから大丈夫だよ』と言うと嬉しそうにしてました。

その横でそのやり取りを見ていた義妹。

その後子供にあげたのかは不明ですが

今回はあげてくれていると信じたいです。


↓早く注文したチーズケーキが食べたい。
熊ちゃん2


lbj_lbj at 16:46コメント(0)トラックバック(0) 

January 27, 2010

2階の扉もつきました。

     趣味室クローゼット

これはほとんど主人の趣味と書斎になりそうな部屋のクローゼット。

2人の為に作ったはずが既に主人の口からは

『オレの部屋』という言葉が何度となく発せられ

壁紙やカーテンは全部私に任せるなどと言っていたのに

その部屋に関してはクローゼットの色からフローリングの色、

電気器具に至るまでもの凄く積極的で結局思い通りに。

壁紙が貼られれば完了なので見とれてはニコニコしています

     子供部屋クローゼット1

これは子供部屋のクローゼットの小さい方です。

     子供部屋クローゼット2

これは子供部屋のクローゼット大です。

義母はあまり家のことで口出しをするなと

義父から口止めをされています。

義妹や義兄の家に対しかなり口出しをしてきたからです。

その為匠のKさんにさえあまり言ってきてはいないらしいのです。

それでもやっぱり嫁である私には『ああしろこうしろ』

という言い方はしないものの遠まわしに言ってきます。

そして誰よりもこの家の進み具合などのチェックが激しいのです。

私がクローゼットの中を見る前から電話をしてきて

様々な感想を言ってきました。

そして今回子供用のクローゼットの中に

ポールしかついておらず引き出しがないと

朝から電話をしてきました。

もともとまだ生まれても妊娠してもいない子供用なので

最初から作りつけにする必要はないと思い付けませんでした。

必要があればメーカーに引き出しや棚を頼めばよいので・・・

主人は『お袋は勝手に家の中に入れるだけが違って

文句をいう隣人(詳しくは理不尽な言い分参照)とかわらない。

あっちは他人だから外から眺めるしかないけど』

と言っていました。

まさに裏ボスです。

先日も『ダイニングのここの色はこの色じゃない方がいい』と

大工さんに言ってきたらしく、大工さんからKさんに連絡がいき

『〇〇さんのお母様がこうこうこうしろと

いちゃもんをつけてきますがどうします?』

と連絡が入ったくらいです(笑)

色に関しての文句だったのですが

義母は点でしか色を見ておらず私と主人は全体的なバランスや面で

決めているので『現状通りでお願いします』と連絡をしたことが

ありました。

プロの目から見ても元々現状通りの内容がお勧めですと

言われていたので変えませんでした。

カーテンは義父が買ってくれると言われているのですが

義母は私に『〇〇ちゃん(義兄嫁)は1階は高くてもいいけど

2階までカーテンとレースカーテンをお揃いのにしたから

高くついたのよ。

だから〇〇ちゃん(私)は・・・ねっ』みたいな感じです。

もちろん図々しく高いものばかりにするつもりはありませんが

好きに選べないのなら自分達で買うから好きにさせてと

思わずにはいられません。

義妹にも買い与えたのですが義妹は買ってくれるとは思っておらず

ただ買い物についてきたのだと思って安物にしたらしく

支払いの時点で義父が払うということを知りました。

義母は娘である義妹が嫁の家よりも安いのが気に入らない

のもあるらしく余計にそう言ってきます。

まさか義母が私にそんな話をしているとは義父は知りません。

もしそれを知ったら義父は100%『おまえは余計なことを言うな』

と言います。

義父は一度倒れてから自分達の子供や孫に何かをしてやれる

機会がもうそうないかもしれないと、自分が生きているうちに

何かをしてあげたくて仕方ないので尚更です。

義母は私の前では義兄嫁の義兄嫁の前では私のことを

悪く言うのでどういう結果になっても何かしら言われるのだろうと

思います。

当たり前ですが義母の嫁の悪口は嫁同士の間で筒抜けです。

私が主人からプロポーズをされる前から

『うちは〇〇ホテルだから!(私は地味婚が良かったのですが)

うちは豪勢に派手にやるから!』と私側の経済状況など

関係なく口出しをしてきたくらいなのでマイホームにかかわらず

今後何を言われるのか分かりません。


↓かかって来い!!みたいな
雪だるま4


lbj_lbj at 10:10コメント(0)トラックバック(0) 

January 18, 2010

先日義兄嫁と話した時に明らかになった。

それは何故毎週日曜日に義兄が家族を連れて

実家で食事をするのかということ。

それは義母に問題があることが発覚した。

義母は義父と二人だけで食事をするのが耐えられないらしい。

平日の5日間は我慢するけど週末は嫌。

その為に毎週土曜日には義妹家族と

毎週日曜日には義兄家族が一緒に食事をすることになっている。

我が家も毎週とは言わないものの夕食を一緒にとることがある。

先日我が家は近くの鮮魚店で売られているお寿司を買って

夕食とするつもりだった。

義母に『夕食食べて行きなさいよ』と言われたものの

主人が上記の理由から断ってくれたのだけど

夕食の内容を聞かれ主人が答えると

尚更『私達のも買って一緒に食べようよ』と断っても断っても

しつこく言われ結局主人が折れるかたちとなった。

『お金出してあげるからじゃぁお寿司買ってきて』と言われ

買いに行ったのだけど結局お金はくれなかった。(別にいいけど)

一昨日の日曜日も実は我が家はお寿司だったのだけど

先に買ってしまっていたので捕まりたくないと思っていた。

主人はとりあえず実家経由で頼んでいるクリーニングを置きに行きたい

だけだった為、留守だと知ると『下手に捕まりたくない』と言って

ホッとしていたくらいだ。

義母はよく自分で選んだ人なんだからとか

縁あって結婚したんだからということがある。

それを嫁に言い聞かせるように日々過ごしているのに

義母は義父と過ごしたくないなんてあまりにも

自分を棚に上げ過ぎだと思ってしまう。

その日の夕方に義母から電話があったけど

私も主人も電話に気がついていなかった。

気がついたのは19時過ぎ。

そのおかげでその日の夕食は自分達で食べることが出来た。

もう1つ発覚したことは賞味期限切れの食材を

私達嫁にくれるけど娘の家だけ切れていないものをあげている

ことについて。

これは単に義妹が賞味期限にかなり厳しい為

賞味期限が少しでも過ぎていると受けとってくれない。

その為期限切れが嫁に来ることが分かった。

主人は『もしまた期限切れがきたらさっさと捨てろ』と言ってくれたので

とりあえず貰うにしてもホッとした。

主人は賞味期限切れを食べてお腹を壊したので尚更だ。


↓義母の本性が徐々に義兄嫁によって暴かれる
雪だるまと動物達


lbj_lbj at 23:34コメント(0)トラックバック(0) 

January 09, 2010

先日のブログで書きましたが主人の実家はかなりかわっています。

年越し蕎麦を年を越してから食べるのが当たり前だったり

東京では珍しくおせちを31日から食べたり

お年玉は31日にあげたり

元旦は必ず子供たちは新品の服を着たりとあげたら止まりません。

お正月に限らず普段でもずいぶんかわっているこの一族。

この家にいると年末年始だというのにテレビもゆっくりみれません。

これは癖なんでしょうが・・・義父がリモコンを占領。

それだけならまだしも皆が集中してその番組を観ていても

いつもいいところでチャンネルをかえる。

1つの番組を15分くらいしかみれないので

義妹は紅白でEXILEを観たかったもののかえられ

ダイナマイトがかかっていて主人や私達がみんなでみていれば

いいところでチャンネルをかえ

主人は口には出さないものの別の部屋に観に行き

主婦達はその場からいなくなる訳にもいかず

気になってもその後が分からず

義母が義父に文句を言えば義父は怒り

平和な時間を過ごすこともできない。

義兄嫁と二人大晦日に語ってしまったのが

いつになったら自宅でゆっくり年末年始を迎えられるのかということ。

すぐ近くに自宅がおのおのあるのに全員がこの実家で

寝泊りをしなくてはならず、外出さえ出来ず軟禁状態。

ある程度遅い時間になると雨戸は閉められ

セキュリティーをかけられてしまうので

ちょっとコンビニまでなんてありえない。

それなのにゆっくりテレビも観れない。

もちろんテレビは1台ではないけれど

子供たちがゲームをしているし

そもそもみんなで過ごすことが命題なので他の部屋に行くことは

嫁としては出来ないのだ。

義兄嫁が『私達には年末年始の旅行やカウントダウンライブ

に行くことも義両親が亡くなるまであり得ないことだよね』と

寂しそうに言った。

唯一場を和ませた(?)のは義妹の一言。

ダイナマイトに出場していたキム・ジョンマンを

ジョイマンと言って私達を笑わせた。

笑わせようとしたわけではなく本人は大まじめだから面白い。

『それはなななな~、なななな~だよね』と嫁達は冷静にツッコミ。

そして翌日義母に至ってはDJ OZMAをDJ オザムという始末。

『オザムは近くのスーパーだよね・・・』

この親にしてこの娘ありである。


↓いつか平和でほっこりとした年末年始が過ごしたい
スノボ熊


lbj_lbj at 09:04コメント(0)トラックバック(0) 

January 04, 2010

元旦の夜に主人の実家で引き続き夕食を食べ

その時の食後のデザートに義兄嫁が買ったバケツプリンを

皆で食べました。

       バケツプリン

さすがにデカイので2リットルはやめて1リットルにしたと

言っていましたがそれでも充分な大きさでした。

でも何故か主人がスプーンを持ちそのプリンを目の前にすると

決して大きく見えないから不思議です。

大きなサラダ用ボールに入れたのに普通サイズの食器に見えます。

簡単に包丁で周りをひと刺しして器に乗せて何度も何度も振る。

カラメルが出てきてもなかなかとれず想像以上に強めにゆすって

やっとはずすことが出来ました。

そのはずす役目は私。

理由は単に見た目で『こういうのはずすの上手そう』というだけ。

主人も義兄嫁も甘いものが大好き。

このプリンの存在を主人も知っていて

主人が実は私に内緒で買ったビーカー(?)入りのプリンも

義兄嫁は知っていました。

内緒と言ってもその場で自ら明かしたのですが

今度の土曜日にそのプリンが我が家に届くらしいです。

『6個買って1個は〇〇(私)用にエスプレッソのプリン。

残り5個はオレのプリン

と言って嬉しそうにしていました。

甘いものが得意ではないのでその個数に関しては

全く気にならず、むしろわざわざ私でも食べられそうな

エスプレッソ(イメージ的に苦い)にしてくれたのだと思いました。

でもその個数の違いを聞いた義兄はさすがに

『お前(主人)それは酷い』と言っていましたけど。

新年早々口にしたデザートのプリンは

最近のとろけるプリンのような感じではなく

さすがに型が大きいのでそれに対応した固めのプリンで

カラメルはちょっと苦めの昔ながらの子供が好きそうな味でした。

そのうち2リットルのプリンを主人が買うのではないかと

思わずにはいられません。


↓バケツがブリキっぽくて可愛くて何かに使えそうでした。
絵馬


lbj_lbj at 23:26コメント(0)トラックバック(0) 

January 02, 2010

今日私は深夜2:40起きでした。

主人は化粧をするわけではないので3:00起きです。

そして3:20には家を出て主人の実家に向かい

義両親、義兄と長女、義妹の旦那さんとその長男も一緒に

3:30に成田山に向けて出発。

うちの仕事は物流業(運送会社)の為、交通安全の祈願です。

私は子供がいない為、昨年に引き続き参加です。

お札は前もって頼んであったのでスムーズに受け取ることが出来て

9時には地元に戻ってきてその後ファミレスで朝食をとり

自宅に11時頃に帰りました。

少し休憩をして昼過ぎに私の実家へ車で向かいました。

今日は主人の仕事は休みになったのですが

明日が仕事の為、私の実家に泊まりますが

明日は朝6時半には実家を出なくてはなりません。

私は4姉妹で皆結婚している為、各自旦那や子供を連れてきます。

みんな揃うと14人、2月に長女に赤ちゃんが生まれる予定なので

お腹の子を入れれば15人です。

三女の旦那と母以外はアルコールを飲むのでこちらも長い宴会です。

決して広くはないのでみんなが寄せ集まっています。

明日早いので飲みすぎないようにしないと車で帰れなくなります。

そもそも3時起きだったので何時までもつのか不明です。


↓おみくじは大吉。新築・引越ともに大いによしでした。
門松

lbj_lbj at 17:21コメント(0)トラックバック(0) 

December 31, 2009

今日は主人の実家で一族(?)勢ぞろいで年を越します。

近いのになぜ全員この家で缶詰状態で宿泊なのでしょう。

2軒先は義妹の家。

そこから15メートルくらいで義兄の家ですよ・・・

でもこれも嫁の試練、嫁の修行と思って頑張りたいと思います。

15時くらいには行くことになりそうです。

去年の年末を経験しているので思い出しながら準備しなくては。

去年は義兄嫁がこの一族のかわったお正月を教えてくれていたので

心構えが出来ていたので良かったです。

今日は去年の不思議に思って思わず義母に言ってしまった

出来事を紹介します。

皆さんの家では年越し蕎麦食べるでしょうか?

主人からも聞かされていたのですが

この家では年越し蕎麦を年を越してから食べます。

主人に『変わっているね』と言うと『うちはそうなんだよ』と。

まぁいいかと思っていました。

その食べるタイミングが年を越して男性陣が会社にお札を回収しに

行って戻ってきてから食べるのでほぼ夜食として食べるのだろうと

本当の意味での年越しそばとして食べないのだと

その時まで思っていました。

なので私にとって初めてのこの家の嫁としての年末だったので

『この家は年越し蕎麦を年を越してから食べるんですね。

変わってますね。でもその家その家で色々ありますからね』

と普通に言ってみたのです。

すると『そうなのよ』と普通に返事が返ってきたので

気のとめていなかったのですが

義兄嫁に確認したのか義母がしばらくしてから

『〇〇ちゃん、私達今まで間違ってた。年越し蕎麦って

年を越す前に食べるのね』ともの凄い私をこけさせる返事が

返ってきたではありませんか。

男性陣に対してお疲れ様の意味を込めて年越し蕎麦を出したのかと

思っていたのに、まさか知らなかったとは思いもしませんでした。

恐らく最初は分かっていたのだと思います。

義母は結婚する前は義母の実家で世間と同じように

年越し蕎麦を食べていたらしいのです。

それなのに結婚していつからかそれが年明けの蕎麦に変わって

しまっていたようです。

その為義母は年を越す前に蕎麦を出そうとしましたが

食事をした直後だし何も私の一言で今までやってきた

習慣を変える必要はないと思い

『変えなくていんじゃないですか?回収から戻ってきた

男性陣の夜食にもなるのだし』と言って事なき終えました。

でも正直義母は負けず嫌い。

自分が間違っていることを認めたがらない人なので

本当は小さい頃は年を越す前に食べていたというのは嘘で

年を越してから食べていたのだと私と義兄嫁は思っています。

そんな出来事からもう1年が経とうとしています。

義母は覚えているでしょうか。

さて今夜はどうなるのか。


↓この日の出来事はまた後日。皆さま良いお年を!
カウントダウン1

lbj_lbj at 09:54コメント(0)トラックバック(0) 

December 28, 2009

今日で大工さん達の今年の作業は終了です。

実際には明日の午前中ちょこっとやるらしいのですが

大方今日で終了。

来年は8日から作業とのことで普段は1週間がとても早いですが

今日以降はなんだか遅く進みそうでなりません。

恐らくそれは魔の年末年始が待っているからなのでしょう(苦笑)

相当な量の料理が31日から並びこの家特有の宴会(?)が始まり

年が明けてすぐに男性陣は会社のお札を回収しに行き

新年朝からチラシを見ながら電気店に行ったり

年賀状をみんなで見たり、その後食事をしてまた夜食事。

そして解散をして2日の午前3時に再集合し成田山に

お札を買いに行き朝方戻ってきて近くの神社で

別のお札を購入し帰宅。

そしてほとんど寝ていなくても主人は仕事に出かけ

夜帰ってきてその足で私の実家に行く。

なんて強行スケジュールなんでしょう。

3日はの昼過ぎには帰宅すると思いますが

4日から仕事なので主人は特に大変。

5日と2日間働けば日曜日が待っているので

その時にゆっくり休んでもらいましょう。


↓今から心構えが大切!
カウントダウン4

lbj_lbj at 14:29コメント(0)トラックバック(0) 

December 27, 2009

昨日義母の誕生日で集まったのに

予想通り今日も主人の実家で食事となりました。

ホタテを大量購入したから明日はみんなで食事という

昨日の義母の言葉が現実となりました。

特に義母から呼ばれていたわけではありませんが

たまたま家を見に行った帰りに立ち寄ったところ

義兄家族が登場。

『これから買い物に行くから出かけないのなら何か買ってくるよ』と。

これは出かけないならデパ地下でお惣菜を買ってくるから

みんなで食事をしようということ。

その一言で義妹家族も集まって食事をすることになりました。

さすがに時間が午前中なので一度家に帰りましたが

昨日みんなで食事をしたばかりなのに

どうしてこんなに集まるのか。

仲がいいと言ってしまえばそこまでですが

私としてはもう少し自分と家族、主人と普通に過ごしたいのに。

週に1回しか休みではなく朝早く夜遅く帰ってくる為

特に何をするわけではありませんが

いわゆる夫婦で平凡は平和な時間を持ちたいというのが希望。

先週の日曜日も食事会だったし年末はずっと一緒だし

そうでなくても平日も何度もあっているのだから・・・

これがこれからずーっと続くのかと思うとちょっとしんどい。

義両親が年をとって亡くなって終わる訳ではなく

これは義兄や義妹もよく集まりたがるので

きっと本当にずーっとなんだとうなぁ・・・

決して集まることが嫌なのではなく

もっとなんというか目の前にある自分の家族との時間を大切に

したいという意味なのですが私が間違っているのでしょうか。



↓考えれば考えるほど憂鬱に・・・
 これを来年に持ち越さないようにしたい


カウントダウン5


lbj_lbj at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
始めましてcoropyです。
結婚してから社会人だっ
た時よりも1日が短く感
じます。働いていた頃よ
り綴っているブログなの
で会社での出来事なども
ありますが今は専業主婦。
日々奮闘中です。(^o^)/
Newest Comment
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: